俳優イ・ジョンソク、ドラマ「力道妖精キム・ボクジュ」に特別出演

article-3

俳優イ・ジョンソクが、MBCの新しい水木ドラマ 「力道妖精キム・ボクジュ」に特別出演する。
16日に初放送予定のMBCの水木ドラマ「力道妖精キム・ボクジュ」は、バーベルしか握ったことのない21歳の重量挙げ選手キム・ボクジュに近づいた嵐のような初恋を描いた感性青春ドラマだ。
イ・ジョンソクが 「力道妖精キム・ボクジュ」のために特別出演を敢行し、視線を集めている。イ・ジョンソクは友人であるイ・ソンギョン、前作の「W」の製作社、放送社MBCとの重なる縁で今回の特別出演を決定し、すぐに現場に駆けつけて義理と友情を示した。特にデビュー後初のタイトルロールを担当する親しい友人であるイ・ソンギョンを応援するために忙しいスケジュールにも特別に撮影現場を訪ねて友情出演した。

イ・ジョンソクのカメオ出演シーンは、先月15日にソウル市にある野外セットで撮影された。ジーンズに水色のニットを着たイ・ジョンソクが現場に登場すると、撮影スタッフや撮影の知らせを聞いて待っていたファンの歓声で撮影現場の雰囲気が熱くなった。イ・ジョンソクはこの日、キム・ボクジュ(イ・ソンギョン)の父が運営するチキン屋に尋ねて来たお客を演じたという。チキン屋で働いていたボクジュの叔父とボクチュと一緒に自然な表情とセリフを交わして特別な存在感をアピールした。


懐かしい顔ぶれが再会して和やかな雰囲気を作りだして、短いがインパクトのある撮影を終了したという。イ・ジョンソクは撮影後もイ・ソンギョンなどと記念写真を撮るなど「力道妖精キム・ボクジュ」に対する愛情を示した。
イ・ジョンソクは、「良い縁で『力道妖精 キム・ボクジュ』に出演できて嬉しいです。『W』を愛してくださったぶん、『力道妖精キム・ボクジュ』にもたくさんの愛をお願いします。大ヒットしてください!」と伝えた。

製作社サイドは、「イ・ジョンソクの友情出演で作品の完成度とともに楽しい要素も加えられて期待感が高まっている。忙しい中、時間をさいてくれたイ・ジョンソクに感謝のあいさつを伝える。イ・ジョンソクの特別出演シーンを本放送で視聴してほしい」と明らかにした。ドラマ「力道妖精 キム・ボクジュ」は、「ショッピング王ルイ」の後続で16日に韓国で初放送される。

2016.11.02

blank