防弾少年団は新記録製造機、歌手ブランド評判1位

cid_ii_157eb9a0ccb66e93歌手ブランド評判10月ビックデータ分析結果、1位防弾少年団、2位IOI、3位EXOだと分析された。

韓国企業評判研究所は2016年9月20日から2016年10月21日までの歌手ブランドビックデータ158,185,702個を分析して消費者のブランド参加、メディア、疎通、コミュニティ分析をした。9月の歌手ブランドビックデータ179,728,008個より11.99%が減った。

歌手ブランド評判指数は歌手ブランドビックデータを抽出して消費者の行動分析をし、参加価値、疎通価値、メディア価値、コミュニティ価値で分類して正否定比率加重値を置いて出した指標だ。ブランド評判分析を通じてブランドに対して誰が、どこで、どのように、どれくらい、なぜ、話すかを知ることができる。

10月の歌手ブランド評判順位は防弾少年団、IOI、EXO、Twiceの順で分析された。

1位、防弾少年団のブランドは参加指数5,196,677、メディア指数7,274,828、疎通指数4,124,736、コミュニティ指数716,585とブランド評判指数17,312,826で分析された。9月のブランド評判指数11,321,894より52.91%増加した。

韓国企業評判研究所ク・チャンファン所長は「10月の歌手ブランド評判分析結果、防弾少年団が1位を記録した。防弾少年団が今月10日発表した2ndフルアルバムはアメリカビルボードアルバムチャートで26位、英国では62位に上がった。アルバム順位で国内歌手最高記録を立ててアルバム3枚連続進入するK-POP初のグループという記録までたてた。実際にビッグデータBuzz量の分析を見れば防弾少年団はグローバルで生成するBuzz量が韓国内で生成するBuzz量を圧倒しています」と評判分析をした。

引き続き「防弾少年団がアメリカ内のプロモーションや英語の歌を歌わないで驚くべき記録を作り出したというけど、防弾少年団はSNSを最もよく活用するアイドルグループでファンたちとの積極的な疎通を通じて人気を誘っている。YouTubeのようなグローバルSNSプラットホームを通じて新しい記録を吐き出していました」とビックデータの分析をした。

2016.10.22

blank