INFINITE 2万2千人を動員!

初のアリーナツアーが大盛況でスタート!

 

シンクロ率99.9パーセントの代名詞を誇る7人組ヴォーカルダンスグループINFINITE(インフィニット)が単独アリーナツアー『INFINITE 2012 ARENA TOUR in JAPAN [SECOND INVASION] EVOLUTION PLUS』を開催。

 

INFINITE

INFINITE 初のアリーナツアーは10月27日、28日の横浜アリーナ公演に計2万2千人を動員、大盛況でスタートさせた。

今年2月、日韓で開催され大反響を得た単独コンサート「SECOND INVASION」開催以来、日本国内の多くのファンから全国ツアー開催の要望が寄せられ、好評を得た前回の公演を更に進化させ、「EVOLUTION PLUS」というサブタイトルをつけて開催が実現。

コンサートのオープングを飾ったのはINFINITEの弟分「Tasty(テイスティ)」。
アジアNo.1パフォーマンスデュオとの呼び込みも高い双子のデュオ「Tasty」が“You know me”を歌って盛り上げ、オープニングを飾った。

 

INFINITE

スクリーンにメンバーの映像が映し出される度に満席の客席からは大歓声が起こり、彼らの登場前から会場は早くもヒートアップ!
1万1千人のファンの興奮を煽るかのようにドラマティックな演出で登場したINFINITEは会場を埋め尽くす大歓声に迎えられた。
ミリタリー調の白いロングジャケットに身を包み、ステージに堂々と立つ彼ら7人の姿からは満ち溢れる自信がうかがえ、本公演の大成功を予感させた。
7色に光るペンライトの海とオールスタンディングで迎えられたINFINITEは “TO RA WA”を迫力あるダンスパフォーマンスと共に披露、1曲目から最高潮へと導いた。
「こんにちは。皆さんの永遠ボーイフレンドL(エル)です。」「皆さんこんにちは。末っ子のソンジョンです。」「INFINITEの優しい男ドンウです。」「ハート王子ウヒョンです。」「ダンス王子ホヤです。」「INFINITEのソンヨンです。」「こんにちは。リーダー・ソンギュです。」とまずは一言づつ挨拶。
リーダー・ソンギュが「皆さん、お久しぶりです。こんな大きなところ(会場)で皆さんと会えてすごく嬉しいです。来てくれてありがとうございます。今日は最後まで楽しく遊びましょう!」と日本語で呼びかけるとウヒョンも「今日は僕たちINFINITEのすべてを見せたいです。最後まで楽しんで下さい!」と語りかけた。

 

INFINITE
ライブ中、ステージはもとより、サブステージから花道へと移動、途中2階、3階のファンへ気遣う姿をみせるメンバーたち。
目の前でダイナミックなダンスパフォーマンスを披露する彼ら7人の一挙手一投足にファンの目は釘づけ、大熱狂させた。

“Tictoc”、“翼”を届けた後、「日本のファンの皆さんに会えるこの日の為に徹夜で練習しました。身体は疲れているけど、ホットなステージを見せる為に本当に頑張りました。そして今日、ここで皆さんと一緒で本当に幸せです。」と公演を迎えるまでの苦労を明かすホヤ。
ウヒョンは「次はまた一味違ったステージが待ってます。皆さんどうぞ聞いて下さい!」と紹介し、バラード曲2曲を披露。
メンバー7人のハーモニーがペンライトで大きく揺れる会場を感動の渦で包み込んだ。
ソロステージではメインボーカルのソンギュが“涙だけ”を日本語でキーボードを弾きながら歌い、ウヒョンも“時間よ”をやはり日本語で歌唱、会場から称賛の大拍手が送られた。
白いシャツ姿のドンウとサングラスをかけ、黒いスーツ姿のホヤは椅子に座って“君がいない時”を歌うなど、2人のラップを生かしたムーディーなステージを届けた。
またドンウがベース、ソンヨルがドラム、Lがギター、ソンジョンがキーボードで“Over the rainbow”のバンド演奏も披露するなど、メンバーそれぞれの個性を生かしたプログラムで会場を沸かした。

 

INFINITE

日本デビュー曲“B.T.D”ではあの『さそりダンス』を、ラップ担当のホヤのボーカルが生きる“Paradise”と続き、発売と同時にオリコンデイリーシングルチャート2位を獲得した2ndシングル“Be Mine”、初期の名作をセルフカバーした3rdシングル“she`sBack” などヒット曲はもちろん、韓国カムバック曲“追撃者(The Chaser)など全25曲を熱唱、途中、メンバー全員でシャフルダンスも見せるなど、INFINITEの魅力全開でファンを魅了した。

最後に「皆さん、そろそろお別れの時間です。日本に来るたびにいつも思いますが皆さんの温かい応援が大きな力になります。これからは僕たちが皆さんの力になります。もっと頑張ります。僕にとっても皆さんにとっても大切な記憶なって欲しいんです。本当にありがとうございました。(ソンギュ)」
「今更ですが日本語がとっても面白くなりました(笑)。勉強しながら皆さんともっと、近くなったと感じました。(ドンウ)」
「今はまだ日本語がヘタですがいつかきっと皆さんと・・・話したいです。それまでは音楽で話しましょう!目を見るだけでわかるでしょ?(ウヒョン)」
「こんなにたくさんの方に愛されることが信じられないです。これからも一生懸命頑張って皆さんがINSPIRIT(ファンクラブ)になったことを誇りに思えるように頑張ります!皆さんも僕たちと一生一緒に居てくれますか?約束ですよ。(ホヤ)」
「あと少しでコンサートも終わりですね。一人一人を憶えようとしました。帰り道で皆さんを顔を思い出します。まだ日本語がヘタで本当にすみません。本当に本当に一生懸命勉強しています。温かい目で見て下さい。(ソンヨン)」
「正直、最初日本に来てデビューした時は不安でした。日本語も難しいし、色々大変かもしれないと思いました。皆さんが一緒に居てくれたから僕たちが頑張ってここまでこれました。これからもよろしくお願いします。(L)」
「皆さん、楽しかったですか?大好きなファンの皆さん、今日一日本当にありがとうございました。皆さんのおかげで僕たちも一生忘れられない思い出ができました。これからも尚、応援お願いします。皆

2012.10.29

blank