CODE-V 2nd Singleリリース記念フリーイベント開催!

 

圧倒的な歌唱力と美しいハーモニーで実力とビジュアルを兼ね備えた話題のボーカルグループCODE-V が、10月10日発売 2nd Single「世界中が敵になっても きっと君を守りぬくから」の発売記念フリーイベントを10月14日(日)、ラゾーナ川崎プラザルーファ広場にて開催。

この日は朝から雨で肌寒い天候だったにも関わらず、多くのファンが彼らの登場を待ち望んだ。

 

黒とグレーのそれぞれが個性的な衣装でステージに登場したCODE-Vのナロ・ソル・ジェウォン・サンウ・ルイの5人はまずリハーサルからスタートし、会場を訪れている人も足を止めるなど、彼らの歌に引き止められた。

 

続いてナロの「盛り上げようぜ!!」のかけ声で本番がスタートすると、会場のファンも歓声で答え、「Shooting Star」と「GO」の2曲をダンスパフォーマンスで披露した。

客席最前列のファンにはタッチのサービスをするなど、ノリノリでファンを喜ばせた。

code-v.jpg  code-v.jpg 
それぞれいつものお茶目な自己紹介を済ませると、続く3曲目は見事なアカペラで「So Sick」を力強く歌い上げCODE-Vの実力を見せつけた。

「2010年に韓国でデビューしてもうまくいかず、それぞれバイトをしていました。でも歌う夢があきらめきれず、活動を続けこの曲でみんなと出会えました。」とナロがコメントし、日本デビュー曲「君がくれたもの」をしっとりと歌い上げると、会場は一転して静かに聞き入った。

 

CODE-V CODE-V

 

サンウから「去年12月から東京に住み始め、不安だった頃の気持ちを表している曲で、初めて経験するメロディーだけど、とても素敵な曲です。」と「いまごろわかった」を紹介し、披露。降っている雨も忘れるほど会場のファンを魅了した。

 

最後の曲はナロから紹介。すると「みんな雨に濡れているね、僕もだよ」と言い、飲んでいたペットボトルの水を頭からかぶるパフォーマンスを見せると、会場から大歓声が。
そしてラストの6曲目は2nd Single「世界中が敵になっても きっと君を守りぬくから」を迫力のあるダンスと歌で5人のパワーを見せつけた。

 

その後はCD購入者を対象とした握手会&チェキ撮影会が行われ、ファンひとりひとりと会話しながらの握手と、撮影会ではハグをするなどいつもの感謝の気持ちを心から表していた。彼らが歌えば必ず伝わるものがあるそんなCODE-Vは今後も成長し続けている。 リリース記念イベントのラストは10/21(日)札幌PASEOテルミンで開催する。

 

■1stライブハウスツアー 「がんばるんばでござるんば2012 ~歌うんば 踊るんば 楽しむんば~」も決定
■CODE-V公式サイトhttp://code-v.net/?aid=13

取材: report uthuno  写真提供:DREAMUSIC

2012.10.19

blank