「雲が描いた月明かり」は影響力1位 vs 「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」は関心度1位

201610171430779978_580463ea6c278

KBS 2TVドラマ「雲が描いた月明かり」とSBSドラマ 「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」(原題:「月の恋人-歩歩驚心:麗」)が、視聴率での対決以外にも壮絶な争いを展開している。
17日にCJ E&Mが公開した週間コンテンツの影響力指数(3日~9日)のレポートによると、「影響力あるプログラム」での1位は「雲が描いた月明かり」が獲得した。2位は、「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」だった。


注目すべきは、「注目するプログラム」では「雲が描いた月明かり」が1位を、「関心の高いプログラム」では「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」がトップになったという点だ。「支持するプログラム」の順位でもふたつの作品はそろって1位と2位をおいて火花が散る月火ドラマでの対決をしている。
「雲が描いた月明かり」は、俳優パク・ボゴムとキム・ユジョンとジニョン(B1A4)のスターパワーで毎回話題を集めて17日の終映を前にしている。「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」は、視聴率では「雲が描いた月明かり」に押されたが、途方もないマニア層を確保して愛されている。

2016.10.17

blank