イ・ジョンソク、ドラマ「W」が中国で再生回数2億回を突破!

6
俳優イ・ジョンソクが出演したMBCドラマ「W」が中国で再生回数2億回を越し、韓流スター イ・ジョンソクの人気を証明した。

本日(6日)、中国最大の動画配信サイト「テンセントビデオ」(以下、テンセント)によると、この日現在(午前9時30分基準)、彼が主演した「W」は再生回数2億回を突破した。9月21日からテンセントで独占放映され始めてから15日でこのような記録を打ち立てた。

テンセント内の「VIP有料会員海外コンテンツ視聴人気チャート」で1位を記録し、韓国ドラマの中でも断然トップだ。

何よりも視聴者の好感度が高い。テンセント利用者の「W」視聴の評価は 10点満点の9.1点となっており最高水準だ。中国の視聴者は、「毎回ストーリーが予測できず、本当におもしろいですね」「イ・ジョンソク、本当にマンガから飛び出したきたようなキャラクターだ」といった反応を見せている。

イ・ジョンソクは、「W」でマンガの世界で主人公という韓国ドラマ史上例のないキャラクターカン・チョルを演じ、時間と空間を行き来しながら熱演し、韓国だけでなく中国や日本などアジア全域で第2の韓流を巻き起こしている。

ドラマの人気に乗ってイ・ジョンソクの株も上がった。各種の韓流マーケティング、広告、映画、ファッション市場でラブコールが殺到している。

イ・ジョンソクは韓流スターの象徴とも言われるロッテ免税店、サングラスブランド「VEDI VERO」、台湾ティーブランド「GONG CHA」(ゴンチャ)の広告モデルに相次いで抜擢された。今回の「W」の中国での興行は、イ・ジョンソクの価値を改めて証明した事例と見られる。

(2ページにつづく)

 

2016.10.06

blank