JYJジュンス、 "主演に対する負担は常にある"「ドリアングレイ」

0

JYJキム・ジュンスが、主演を担当した心境を告白した。
ジュンスは6日の午後、京畿道(キョンギド)にある城南(ソンナム)アートセンターオペラハウスで開催されたミュージカル「ドリアングレイ」のプレスコールで、「主演に対する負担がある」と打ち明けた。
彼は、「ありがたくも運が良かったのか、主演を担当した作品が何作品かあります。そのような負担をいつも持ってステージに立つという重圧感、責任感はよく分かります」と本音を打ち明けた。

彼は、「創作ミュージカルに出演するということで心が軽い部分もあります。しかしそれほど難しくもあります。そのためもっと重圧を感じたりもします」と語った。
彼は続いて「それでも良い俳優と一緒にするという点が、僕に勇気をくれました。この場に来るまでお互いに心を合わせて良い作品を作るために努力しました」とこれまでの努力について説明した。

「ドリアングレイ」は、オスカーワイルドの長編小説「ドリアングレイの肖像」を新しく脚色した創作ミュージカルで、イギリスの貴族青年ドリアングレイが永遠の美しさに対する欲から自分の肖像画と魂を交換して起こるエピソードを盛り込んだ。

2016.09.06

blank