ドラマ「雲が描いた」パク・ボゴム、キム・ユジョンの正体を怪しむ?

≪ドラマNOW≫「雲が描いた」パク・ボゴム、キム・ユジョンの正体を怪しむ?

※ネタバレになる内容が含まれています。

5日に放送されたKBSドラマ「雲が描いた月明かり」では、ヨン(パク・ボゴム)がラオン(キム・ユジョン)の正体を怪しむ様子が描かれた。

宴で最後の舞をしなければならないエシムが突然消え、ラオンはきれいに韓服を着て顔を隠して代役を務めた。これを見たヨンは彼女を疑い、舞を全て知っているラオンだと思った。

ヨンはラオンに会い、何をしているのか尋ねた。

WOW!korea提供

2016.09.06

blank