男女問わず泣けるラブストーリーとSNSで話題の 『最後の晩餐』、涙活プロデューサーも大絶賛!

【最後の晩餐】写真

料理関係者や、女優、漫画家、ゲームクリエイターなど、幅広い分野の著名人から絶賛の話題作、
『最後の晩餐』(オ・ギファン監督 バイ・バイホ―&エディ・ポン主演)が3月1日(土)よりシネスイッチ銀座、横浜ブルク13ほかにて全国順次公開された。

 

初日は天候が悪いにも関わらず、中高年の女性を中心として男性客の姿も数多く見られた。
劇場では前半部分でテンポのいい展開から笑いも声も起こり、終盤のクライマックスには一転し、すすり泣く観客が多数出ている。『抱きしめたいー真実の物語ー』『陽だまりの彼女』といった泣けるラブストーリーが大ヒットしている昨今、『最後の晩餐』も初恋の二人の切ない想いを描いたラブストーリーとして、さらに、クチコミが広がっている。

 

鑑賞後のツイッターなどでの感想も「笑いあり、涙ありの青春恋愛映画」「いろんなシーンを思い出して完全に『最後の晩餐』の罠にやられる」「すごく心に残る映画。何度見ても泣けると思う」などといった、予想以上に感動したという感想が多かった。
Twitterから映画の評価が分かる映画レビューサイトのcocoでは、「ハンカチ必須」「すっかりやられた。泣かされた」という声が多く集まった。また、中には「身体中の水分が涙となった」といった感想も飛び出し、まさに「落涙率100%!」の気持ちよく泣ける映画として評判が広がっている。

 

また、今話題の“涙活”プロデューサー 寺井広樹氏も本作を鑑賞し
「5年前に交わした「別離契約書」が、時を経て二人の運命を試す。愛の形は人それぞれ。
彼らの変わらぬ愛に何度も涙しました。涙活作品としてもオススメします。」
と、“涙”のプロさえも絶賛させる感動の物語だ。

 

初恋の人のために作り続けた、思い出のスープ。お互いの夢を叶え、約束の5年後の再会。でも彼女にはもう、味わう時間は少なかった・・・『ラスト・プレゼント』で一世を風靡したオ・ギファン監督が、再び、繊細な感情を見事に描いた『最後の晩餐』。切ない2人の想いと、思いがけないラストがあなたの心を掴んで離さない。
ぜひ、この感動を劇場で感じで欲しい。

 

<STORY>
「5年後に会いましょう」。突然飛び出した初恋の人からの“別離契約”。陶芸家を目指す彼女(バイ・バイホー)のお皿に、三つ星シェフを目指す彼(エディ・ポン)が作るスープは最高の組み合わせ。永遠に続くと思っていた笑顔の日々、そしてウェディングドレスの約束が・・・。彼女は上海へ、彼は北京で料理修行。でもそれは、夢を叶えるためのたった5年の別れのはずだったー。
そして約束の日、彼からの電話が鳴る、「結婚式に出て欲しい」と。思いもしなかった衝撃の言葉が彼女の胸に突き刺さる。果たして、2人が夢を叶えた再会の時、約束は守られるのか?いつも笑顔だったあの頃に戻れるのだろうか?

 

シネスイッチ銀座、横浜ブルク13ほかにて大ヒット公開中!

タイトル:『最後の晩餐』
監督:オ・ギファン 『ラスト・プレゼント』
出演:バイ・バイホー、エディ・ポン、ペース・ウー、ジアン・ジンフー
原題:A Wedding Invitaiton (分手合約)
/2013年/中国・韓国合作映画/中国語/103分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド
配給:CJ Entertainment Japan

★公式サイト http://bansan-movie.com/

2014.03.07

blank