ドラマ「雲が描いた」パク・ボゴム、キム・ユジョンを危機から救う

kurumi

※ネタバレになる内容が含まれています。

29日に放送されたKBSドラマ「雲が描いた月明かり」では、ラオン(キム・ユジョン)を危機から救うヨン(パク・ボゴム)の様子が描かれた。

ミョンウン姫(チョン・ヘソン)の恋文の代筆をしたことで、ラオンはミョンウン姫の怒りを買ってしまい、命の危険にさらされた。

これを知ったヨンは、ミョンウン姫に「その者を義禁府に送る」と言うと、ミョンウン姫は「義禁府に行けば、このことが明るみになるではないか。事を大きくしたくない」と答えた。

ヨンはラオンに正体がばれることはなかった。

WOW!korea提供

2016.08.30

blank