「イベントレポ」2016年「a-nation」ついにフィナーレ!ヘッドライナーの浜崎あゆみ、雨の中の熱唱。総動員数22万5千人もの観客を魅了し閉幕!

浜崎あゆみ02

今年で15周年を迎えた「a-nation」。会場をスタジアムへと移した「a-nation stadium fes. powered by dTV」が東京・味の素スタジアムにて開幕。2日目の8月28日(日)はヘッドライナーの浜崎あゆみをはじめ、AAA、Acid Black Cherry、倖田來未、TRFなど、オープニングアクトシューティングアクトらを含む14組のアーティストが出演し、5万5千人を動員。a-nation15周年のフィナーレを豪華アーティストの競演で飾った。

Da-iCE

2日目のトップバッターは5人組ダンス&ボーカルグループのDa-iCE。「FIGHT BACK」「Splash」のメドレーで幕を開けたステージは、工藤大輝の「a-nation、楽しむ準備はできてますか?」という声を合図に“Splash”コールで大盛り上がり。「TOKI」では“Hey!”のコールで会場の一体感を高め、最後は新曲「パラダイブ」で観客全員を巻き込み、スタジアムいっぱいタオルが回る華やかな景色を作ってみせた。

防弾少年団

大ブレイク中の韓国のヒップホップボーイズグループ・防弾少年団は、その勢いを示すように観客の大歓声を受けて登場。1曲目は最新鋭のエレクトロ・トラップを入れた「FIRE」で、7人が一糸乱れぬアグレッシブなダンスを披露。「長い間、憧れていたa-nationに出られて嬉しいです」とRAP MONSTERが日本語で伝え、「Save ME」、メンバーが床に寝転ぶだけで悲鳴が上がった「I NEED U(-Japanese ver.-)」とセンチメンタルな楽曲を届けた後は、最後の「DOPE」までステージ全体を使って、防弾少年団スタイルを存在感たっぷりにアピールした。

SKE48

華やかに元気いっぱいステージに飛び出してきたのはSKE48。総勢16人のメンバーで「前のめり」「アイシテラブル!」を続けて歌ったとたん、スタジアムが明るく華やいだムードに。自己紹介のコーナーでは、後藤楽々が得意の英語で自分の名前は浜崎あゆみの「SEASONS」の歌詞が由来だと話し、観客を驚かせた。そして新曲「金の愛、銀の愛」をしっとりと聴かせた後は「オキドキ」、「バンザイVenus」では観客にサインボールを投げ入れ、最後は大ヒット曲「パレオはエメラルド」をパワフルに歌い踊り、会場を盛り上げた。

Acid Black Cherry_1

Acid Black Cherryは、yasuもバンドも全身ブラックの衣装に身を包んで登場。ジャジーな「Black Cherry」のイントロでファンが手のひらを一斉にヒラヒラさせると、場内に妖艶なムードが広がる。「versus G」のハードなギターリフに合わせてyasuとともにファンが激しいヘッドバンキングを始め、会場がどよめきだした。yasuは「a-nationのライブでは僕らも含め(僕らの)お客さんも名物になったらいいなと思います」と話し、その後に披露した「ピストル」では、バンドとファン一丸となったヘッドバンキング、テンポダウンしたときの(体を前に倒す)折りたたみの一体感で見事にスタジアムを圧倒!! ど迫力のステージで存在感を見せつけた。

たむらけんじ、DJ KOOによる「dTV STAGE」(10月にVR/ヴァーチャル・リアリティ撮影で配信決定!)を挟み、テミンのステージへ。(2ページにつづく)

2016.08.29

blank