"EXOベクヒョン、才能とセンスが人並み以上で生まれつきの感覚の持ち主"と「月の恋人」のPDが語る

201608231707772748_57bc0a313583a

ドラマ「月の恋人」のPDが、ベクヒョンの俳優としての可能性について言及した。
SBSの新月火ドラマ「月の恋人-歩歩驚心:麗」(邦題「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」)の演出を担当したキム・ギュテPDは、最近行なわれた試写会と食事の席で「ベクヒョンの演じるキャラクターは、キュートな世間知らずの王子だ」と口を開いた。
続いてキムPDは、「この明るいキャラクターができる20代の青年に誰がいるだろうかと思った時、多くはなかったです。何をしてもキュートでなくてはならないいうと、ベクヒョンがそうだという話をとてもたくさん聞きました。実際にも性格が明るくて愉快なのでキャスティングした」と説明した。

また、「もちろん、正統なドラマの演技は初めてなので成熟した演技を期待はしないが、本人が持ったキャラクターどおりに演じてくれれば良いと思った。ところが実際にやってみると上手にキュートな演技をしてくれた。トップクラスのアイドルになったのには理由があったようだ。IUもそうだがベクヒョンも、才能とセンスが特別だ。生まれつきの感覚が演技にも表れていた。すぐに適応してすぐに学んで、うまくやってくれた」と説明した。

キムPDは、前作であるSBSの「大丈夫、愛だ」で、EXOのメンバーであるド・ギョンス(ディオ)と作業したことがある。そこでド・ギョンスがベクヒョンをすすめたのではないかと尋ねると「私が聞いてみた時に、ベクヒョンがすればうまくやるだろうと言っていた」と答えた。
ベクヒョンが演じる10皇子のワンウンは、いじめっこのような魅力があふれる人物だ。生まれながらに遊ぶのが好きで勉強と武術には関心がない人物だ。彼はヘス(IU)と喧嘩をしながら親しくなってひとり初恋を感じるという意外な純情派だが、ホンネをストレートに表現できず、相手をからかいながら言葉を吐き出すような恥ずかしがりやな面があり、ベクヒョンだけのキュートな魅力が表現されると期待される。「月の恋人」は、「ドクターズ」の後続で29日に韓国で放送が開始される。

2016.08.28

blank