「Miss A」スジ、アニメ映画「時をかける少女」バリアフリー版に才能寄付

「Miss A」スジ、アニメ映画「時をかける少女」バリアフリー版に才能寄付

韓国ガールズグループ「Miss A」のメンバーで女優のスジ(21)
がアニメーション映画「時をかける少女」の画面解説を才能寄付する。

バリアフリー映画委員会は23日、スジ(Miss A)が総合撮影所内の収録スタジオでチョン・ゲス監督とスジが参加し、「時をかける少女」のバリアフリー版の制作のための画面解説収録をおこなったと説明した。

「時をかける少女」はアニメーション界の巨匠である日本の細田守監督の作品で、ある日突然、タイムリープできる能力を持った真琴が経験する成長物語を扱った作品だ。

映画のバリアフリー版は現代モータークラブの制作支援で制作され、バリアフリー版の演出はチョン・ゲス監督を務めた。

スジは「意味ある作業を共にすることになりうれしい」と述べ、忙しい日程にも快く時間を割いて参加した。特にチョン・ゲス監督とスジの2人とも才能寄付を通じて、バリアフリー版に参加し、その意味を加えている。

一方、バリアフリー映画は視覚障害者のための画面解説を、聴覚障害者のためのハングル字幕を入れ、障害と関係なく誰もが楽しめる映画のことをいう。

WOW!korea提供

2016.08.23

blank