映画「トンネル」、公開10日目で観客動員数400万人突破

映画「トンネル」、公開10日目で観客動員数400万人突破

韓国映画「トンネル」が観客動員数400万人を突破した。

20日、映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークの集計によると、映画「トンネル」(監督キム・ソンフン)は、去る19日、826のスクリーンで22万7386人の観客を動員して累積観客数419万3224人を記録した。

これで「トンネル」は、10日の封切り以後、10日で観客動員数400万人を突破した。特に競争作である映画「徳恵翁主」が記録した累積観客数444万3031人との差を縮め、公開第2週の週末に入っただけに、今後の興行推移に関心が集まる。

映画「トンネル」は、帰宅途中、突然崩れたトンネル内に孤立する男と彼の救助を取り巻き変化していくトンネル外の話を描いたリアル災難ドラマだ。

WOW!korea提供

2016.08.20

blank