VIXX、『2時脱出Cultwo Show』で新曲をライブで披露

8
人気アイドルグループのVIXXが、ステージ上でのカリスマとは全く違う明るい魅力を全開した。

VIXXは本日(18日)午後2時から放送されたSBSパワーFM「2時脱出Cultwo Show」の特選ライブコーナーにゲスト出演し、新曲発表や公演などの近況について語った。リスナーによるVIXX目撃談やメンバーが特技を披露した。

VIXXは最近ニューアルバム「Hades」のタイトル曲「Fantasy」でカムバックした。新しいコンセプトに対してVIXXは「ダークなセクシーさを表現した」と説明した。コンセプトに合わせてスタジオの照明も真っ暗にしないといけないのかとの冗談に、N(エン)は「今日はダークではなく、爽やかな姿で(ここに)来たので、暗くしなくてもいいです」と答え笑いを誘った。

VIXXは先週末に公演を開催した。2万人規模の公演チケットは10分で完売した。VIXXはコンサート中、KEN(ケン)が頭をぶつけたためボディガードが戸惑ったこと、LEO(レオ)がHYUK(ヒョギ)に水をかけて転んだエピソードなどを話した。

「コンセプトドル」(コンセプト+アイドル)と呼ばれるVIXXは男性ファンもかなり増えた。Nは、「最近は男性ファンも増えた。今日も収録があったのだが、初めて見る男性ファンもいた。一度どうして(僕達の)ファンになったのか聞いたことがある。サッカーを好きなように好きだと言っていた。スポーツを楽しむように(僕達の)ステージを楽しむと言っていた」と説明した。男性ファンに一番人気あるメンバーについてはRAVI(ラビ)と答えた。

VIXXはこの日の「Cultwo Show」でFantasy」「LOVE ME DO」「Farewell Hands」をライブで披露した。特に「Fantasy」は簡単には歌えない高音のサビの部分が印象的である。DJのCultwoが高音に驚くと、KENは「ダンスしながらライブしたが、声帯が破れそうになった」と話した。 LEOも同じく「大変だ」と付け加えた。

VIXXのメンバーたちは特技も披露した。KENは子犬や大きな犬の吠える声を公開し、人気ガールズグループTwiceの「CHEER UP」を女性のキーで歌った。他のメンバーは、俳優のイ・スンジェやユ・アインのもの真似をし、ファンを喜ばせた。

またあるリスナーは、「4〜5年前にうちのアパートを男の子たちが歩いていた。VIXXだった。鼻の大きいメンバーがいて、そのメンバーの印象がよかった」と投稿した。メンバーたちは鼻の大きいメンバーはKENだと話した。またあるリスナーも「KENが横にいたが、鼻が本当に大きくて不思議だった」と投稿した。それを聞いたKENは「あの人ですね。僕の横で『わあ』と言ったので、ファンだと思ったら『鼻が本当に大きいですね』と言われた」と言い、笑いを誘った。

また放送の最後の方で、VIXXはバラエティ番組にも出演して笑わせたいとバラエティ番組に対する意気込みを話した。Nは「『Fantasy』で活動をスタートした。ステージや音楽もとても気に入っていて一生懸命頑張っているので、見守ってほしい」と覚悟を話した。

2016.08.18

blank