防弾少年団のアジアツアー終了、14万4000人のファンと出会った

article

人気アイドルグループ防弾少年団が、東京を最後に2016年のアジアツアーを終了した。
防弾少年団は、13日と14日の2日間、東京にある 国立代々木競技場の第1体育館で「2016 BTS LIVE-花様年華 on stage : epilogue ~Japan Edition~」を開催して2万6000人の観客と対面した。
特にこの日会場を訪ねた東京中日スポーツ、スポーツ報知、デイリースポーツ、日刊スポーツ、スポーツニッポンなどは、2日間開催された公演に対して集中的に報道して彼らの人気を実感させた。

これ以外にも日本テレビ、SPACE SHOWER TVなどの主要放送を始め、Hanako、「anan(アンアン)」、Zipper、Men’s Non-no、AERA、Popteenなどのマガジンでもこの公演を取材して注目した。
東京中日スポーツは、「防弾少年団の日本ツアー最終公演、1万3000人のA.R.M.Yに感謝」というタイトルの記事を通じて「防弾少年団は息がぴったりと合った一糸乱れぬ群舞でアンコール曲を含む25曲を熱唱し、約1万3000人のファンで大盛況を成した会場は、何番も悲鳴に近い大歓声であふれた」と現場の熱気に対して報道した。

そして、ニッカンスポーツも「防弾少年団は、日本と韓国を含む中国、マカオなどのアジア10都市 で14回の公演を行い、14万4000人を動員した」と言及した。また、スポーツニッポンは「1万3000人が我を忘れて見つめた防弾少年団」と褒めたたえた。
防弾少年団は、このアジアツアーを通じて合計14万4000人のファンに出会った。

2016.08.16

blank