2PM Jun. K、"自作曲での活動が無条件良いとも言えない"

ÁØÄÉÀÌ, 'Ä«¸®½º¸¶ ´«ºûÀ¸·Î ¾Ðµµ'

人気アイドルグループ2PM Jun. Kが、自身の音楽を作りながら感じた点を語った。
Jun. Kは、8日に開催されたミニアルバム「Mr. NO♡」のショーケースで、「元祖タルバク(脱朴:所属社代表パク・ジニョンの曲を使わない)とおっしゃってました。最初に僕の歌『Go Crazy』をきいて反応が良くて涙が出ました。そしてタイトル曲になって本当に嬉しかったです」と言った。

彼は「父が厳しかったです。僕が音楽をするということに対して反対が多かったですが、音楽を作ってみたいという夢がありました。それで自分の歌を作るようになりました」と説明した。
彼は、「『Go Crazy』は、期待したほどの成果がありませんでした。だからタイトル曲になると言って無条件良いことではなかったです。そして「My House」も運良くタイトル曲になりました。最も2PMらしい姿をお見せできました。結果もちょっと良かったです」と告白した。

今回のミニアルバムにはタイトル曲「Think About You」を始め、「Mr. NO♡」、「サーフィン」、「BETTER MAN」、「YOUNG FOREVER」、そして2PMの5thタイトル曲「My House」のアコースティックバージョン、2日に先行公開されたペク・アヨンとのデュエット曲「行かないで」など8つのナンバーが盛り込まれた。

2016.08.13

blank