イ・ミンホ、 『分かち合い』を実践…透明傘のプロジェクトを公開

6 寄付プラットフォーム「PROMIZ」を運営している俳優イ・ミンホが、分かち合いを実践した。

イ・ミンホは今月10日、アクション型コンテンツクラウドファンディングプラットフォーム「ハートファンド」に、自身が創設したプロジェクト「透明傘プロジェクト」を公開した。子供たちが安全に使えるよう特別製作された傘を支援する「透明傘プロジェクト」は、公開10時間で目標だった200万個のハートを達成し、イ・ミンホの圧倒的な影響力を再び立証した。

「ハートファンド」は、利用者がハートをクリックすることで創設者を支援するプラットフォームであり、簡単で楽しく分かち合いの活動に参加するという主旨に共感したイ・ミンホが創設したものだ。イ・ミンホの「透明傘プロジェクト」は当初来月16日までの38日間の間に200万個のハートを目標としていたが、公開5時間で1次目標の100万個のハートを達成した。その後、イ・ミンホが直接書いたエッセイを公開すると、10時間で200万個ハートを達成し、約2500個の透明傘をプレゼントすることができるようになった。

今回のプロジェクトは単発性のものではなく、イ・ミンホがこれまでも実践してきた善行という点でさらに意味深いものとなっている。アジアを越え全世界で受けてきた愛を分かち合いの活動に繋げたかったイ・ミンホは、2014年に社会貢献寄付プラットフォーム「PROMIZ」を設立し、これまで多くの善行を実践してきた。2015年には透明傘プロジェクトをスタートし、また2016年には教育部と協業し全国の小学校へとその領域を拡大した。

イ・ミンホが書いたエッセイに透明傘プロジェクトを始めることになったきっかけや分かち合いに対する確固たる意志が書かれてあり、感動を与えている。「分かち合いを言うと多くの方が難しく考えるかもしれませんが、分かち合いというのはそんなに難しいことではないと思います。たとえば道で重い荷物を代わりに持ってあげたり、バスや地下鉄で席を譲ることも分かち合いだと思います」と口を開いたイ・ミンホは、「分かち合いをすることで心が大きくなるということをファンの皆さんから教えていただき、(俳優という)職業を通して感じてきました。もっとたくさんの愛を共に分かち合いたいです」と説明した。

続いて交通事故で1年間入院生活をした経験を打ち明けながら、「雨の日は幼い子供たちの交通事故発生率が高くなると聞きました。重い傘や不透明な傘の代わりに透明な傘で子供たちの視野を確保できたら、もっと安全な自由を与えることができるのではないでしょうか。自分の体格に合った軽い透明傘で、空も眺めることができるように」と透明傘プロジェクトの主旨を説明した。

また「私は俳優としてまた子供を保護するべき大人として、(子供たちに)もう少し住みやすい世の中を、また幸せな明日を作ってあげたい」という言葉で締めくくられたエッセイは、彼の率直な気持ちが綴られており深い感動を与えている。今後1ヶ月の間、週に1回、イ・ミンホのエッセイが連載される予定である。

このようなイ・ミンホの善行は今に始まったことではない。ユニセフやcharity waterなどを通して全世界の恵まれない人たちに関心と愛情を注いできたし、彼は高額寄付者の集まりであるユニセフオナーズクラブの会員でもある。またイ・ミンホは保健福祉部が主催する「2016年幸せ分かち合い人賞」を受賞し、「PROMIZ」は「善良ブランド大賞」を受賞している。

イ・ミンホは今年下半期に放送されるドラマ「青い海の伝説(仮題)」でカムバックする予定だ。

2016.08.11

blank