「T-ARA」&「DIA」側、悪質な書き込みユーザー相手に告訴状提出「善処はない」

「T-ARA」&「DIA」側、悪質な書き込みユーザー相手に告訴状提出「善処はない」

韓国ガールズグループ「T-ARA」と「DIA」の所属事務所MBKエンターテインメントが悪質な書き込みを記載したネットユーザーに対し、告訴状を提出した。10日、韓国メディアの取材で分かった。

MBKエンターテインメントは去る7月19日、「T-ARA」と「DIA」の元メンバーに関連し、悪質な書き込みやデマの流布者たちを相手に告訴状を提出した。現在、ソウル江南(カンナム)警察署サイバー捜査隊が捜査中だ。

事務所関係者は「MBK所属アーティストに向けたあらゆるデマの最初の流布者を含め、これを流布および拡散する二次、三次流布者と人身攻撃性の悪質な書き込みを残す者に対して強硬対応するものだ」と強調した。

事務所側はファンの申告を受け取り、証拠として提出する計画だ。

WOW!korea提供

2016.08.10

blank