MADTOWNジョタ、キム・ジンギョンの鎖骨にステッカーを貼る手が震える

사본 -article (1)0             写真字幕1 え、私の唇?            
             写真字幕2 とれちゃうじゃない            
             写真字幕3 とれないと思うけど、キスしてくれる?            
             写真字幕4 手が震えることはあまりないが、振動ベルのように震えるほどに緊張            
             写真字幕5 普段は手が震えることがないですが            
             写真字幕6 やっと震えるのを我慢して

 

人気アイドルグループMADTOWNジョタが、モデルのキム・ジンギョンにタトゥーのステッカーを張る手が震えた。

キム・ジンギョンとジョタは、30日午後4時55分から放送されたMBCのバラエティ「私たち結婚しましたシーズン4」で水上デートを楽しんだ。ふたりは、水上スポーツを楽しむために水着に着替えた。キム・ジンギョンは「水着と言えば、忘れてはいけない」とタトゥーのスティッカーを取り出した。

キム・ジンギョンは先に「LOVE」と書かれたスティッカーをジョタの鎖骨に貼って、そのあとジョタも同じスティッカーをキム・ジンギョンの鎖骨に貼ろうとした。しかしジョタは、恥ずかしさに手が震えて「してもらうのは大丈夫でしたが、してあげるのは難しかったです。手が震えるほどに緊張しました。とても恥ずかしかったです」と打ち明けた。

2016.07.31

blank