韓国版「最後から二番目の恋」初回8.7%、前作「美女コンシム」と同じようなスタート

最後から二番目の恋SBS新週末ドラマ「最後から二番目の恋」が、前作「美女コンシム」と同じようなスタートを切った。
31日、視聴率調査会社ニールセンコリアの集計によると、30日に第1話が放送された「最後から二番目の恋」は、視聴率8.7%を記録。これは、「美女コンシム」の第1話8.9%を0.2ポイント下回る数値だ。
「美女コンシム」は徐々に視聴率が上昇し、最終回では15.1%を記録していることから、同じような視聴率でスタートした「最後から二番目の恋」も期待できる。
「最後から二番目の恋」は、何も起こらないでほしいと願う5級公務員の課長コ・サンシク(チ・ジニ)と、どんなことでも起きてほしいと願うテレビ局のプロデューサー、カン・ミンジュ(キム・ヒエ)を通じて、第2の思春期を体験する40代の愛と人生を描く、ヒーリングロマンス。

2016.07.31

blank