BEAST、和やかな10分放送でファンに感謝のメッセージ

201607241551773863_579465d3e1fd9

人気アイドルグループBEASTは、控室でも和やかだった。突然の生放送を通じて親しい隣のお兄さんや弟のような魅力でファンとのコミュニケーションを試みた。

BEASTは、24日午後3時30分から生放送された「V LIVE」での「ありがとうBEAUTY、ずっと会おうBEAUTY」で、約10分間 SBSの音楽放送「人気歌謡」の控え室での様子を公開した。

ギグァンは「今、着ているこの衣装が45分後に公開されるステージ衣装です」と言ってファンの期待を高めた。BEASTはこの日、3rdフルアルバムでの最後の放送を前にしていた。

去年の夏に発表した8thミニアルバム「YeY」以来、1年ぶりに3rdフルアルバム「Highlight」で帰って来たBEASTは、アルバムのリリース前からカムバックに対する話題と期待を集めていた。

アルバムの最初のトラック「Highlight」は、パワフルなリズムとBEASTのワイルドなボーカルが曲の雰囲気をいっそう高めた中毒性の強いフックが印象的だ。今まで公開した曲とは違った雰囲気でBEASTの新しい魅力が引き立った。

また、タイトル曲「Ribbon」は、長い間息を合わせてきたジュンヒョンと共同プロデューシングチームGood Lifeの曲で、別れた恋人との関係をとけたリボンに例えて切ない思いを纎細に表現した歌詞が印象的で、BEASTの独特なメロディーも感じることができた。

メンバーは、「皆さんのおかげでこうして活動することができました」と口をそろえて語った。 ジュンヒョンはまた「今日は雨が降っているので『人気歌謡』を見ながら一日を終えてもらったらいいと思います」と希望を語った。

このごろ趣味でマジックを習っているというソン・ドンウンは、紙を焼いて歯ブラシを取り出すというマジックを公開してメンバーとファンを感心させた。

そしてヨソプは「とにかく、みなさんの愛の中で憂愁の美を飾ろうと準備しています。あとで放送されるステージを見守ってください」と再び強調した。リーダーのドゥジュンも「最近は休暇シーズンなので、運転に気をつけて下さって、冷房病にも気をつけて楽しい休暇を送ってください」と最後のあいさつをした。

10分にもならないうちに終了したこの放送には、31195人が接続してBEASTの人気を証明した。

2016.07.24

blank