激情ラウドロックとエレクトロ・サウンドが絶妙に交錯する新世代韓国ロック界の旗手 MESSGRAM(メスグラム)、待望の初来日公演、緊急決定!

13690904_1024847730938847_2535283542495386825_o

激情ほとばしるラウドロックとダンサブルなエレクトロ・サウンド、可憐な女性ヴ ォーカルと強烈なシャウトを絶妙にブレンドした新世代韓国ロック界の旗手、MESSGRAM(メスグラム)の待望の 初来日公演が決定!

9/2(金)吉祥寺 CRESCENDO(http://www.kichijoji-crescendo.net/)、9/4(日)新宿 Wild Side Tokyo(http://ws-tokyo.com/)にて、日本初ライヴを行います。

近年のロック界では、洋楽・邦楽を問わず、声質の異なる複数人のヴォーカリストを前面に押し出し、緩急の コントラストを強調した曲作りをするバンドが増えています。

また、ロックとダンスミュージックの接近は 1980~ 1990 年代から見られる現象ですが、中でもアグレッシブなロックに、テクノ、トランスなどの要素をブレンドした音 楽は「エレクトロコア」、「トランスコア」、「ピコリーモ」などと呼ばれ、既成概念にとらわれない若い世代に支持さ れています。

まさに MESSGRAM(メスグラム)は、こうしたロック界の最先端ムーブメントを体現した存在だといえ ます。

実際に MESSGRAM(メスグラム)は、アルバム・デビュー前に日本の楽器メーカー、ヤマハがアジア諸国で主 催するバンド・コンテスト『Asian Beat2013』韓国大会で第 3 位、『Red Bull Live on the Road 2014』韓国大会でも 第 3 位に入賞したのみならず、北欧スウェーデンが誇るエクストリーム・メタル・バンド、 ARCH ENEMY(アー チ・エネミー)の現ドラマー、ダニエル・アーランドソンに音源の出来栄えを賞賛された逸材です。

 

13002521_963891067034514_3101362487660609530_o

美しく儚げな歌声を聴かせる紅一点ヴォーカル、ジヨン(写真中央)と、激しく噛み付くような咆哮を響かせる 男性ヴォーカル、Jahnny(写真右から 2 人目)という対照的なヴォーカリスト 2 人に、強靭かつタイトな楽器隊 3 人(ユシク、スジン、チャンヒョン)から成る MESSGRAM(メスグラム)。

新世代韓国ロック界の旗手が、遂に日本 のオーディエンスの前で神秘のベールを脱ぐ時が訪れました。

 

 Messgram _ Every Moment@Jayla Art Hall (2016.06.04)

 

MESSGRAM メンバー紹介 

13392132_1001840466572907_7334160335602276811_o(写真左から) ユシク<g>、スジン<ds>、ジヨン<vo>、 Jahnny <vo& programming>、チャンヒョン<b>

▼Official Site&SNS▼

http://www.messgram.com/

https://www.facebook.com/Messgram/

https://twitter.com/messgramband

https://www.youtube.com/user/messgramband

 

 

MESSGRAM バイオグラフィー

2011 年、韓国・ソウルで結成。バンド名は、「混乱」を意味する「MESS」と、単位記号の「グラム」を掛け合わせ た造語で、「異なる音楽的スタイル、バックグラウンドを有するメンバーが集結し、混乱をコントロールする」という 意味が込められており、アルバム・デビュー前に、日本の楽器メーカー・ヤマハがアジア諸国で主催しているバ ンド・コンテスト『Asian Beat2013』韓国大会で第 3 位、『Red Bull Live on the Road 2014』韓国大会でも第 3 位 に入賞したのみならず、あの ARCHENEMY の現ドラマー、ダニエル・アーランドソンがデモ音源の出来栄えを 絶賛、1st ミニ・アルバム収録曲”Every Moment”のミックスを自ら買って出たという逸話を持つ(アルバム未収録 ヴァージョン)。2014 年に母国でリリースした、全曲英語詞のデビューEP『THIS IS A MESS, BUT IT‘S US』は、 日本では遅れること2016年4月号の『BURRN!』(シンコーミュージック刊)の輸入盤ディスクレビューで 100点 満点中 80 点を獲得。「群雄割拠するシーンで頭角を現す確かなポテンシャルはありそうだ」と賞賛される。 2015年5月、前任シンガーに替わって2代目フロント・ウーマンのキム・ジヨン(写真中央)が加入すると、同年 8 月に東欧のハンガリーでライヴを敢行。韓国の大手ゲームメーカー、NEXON(ネクソン)のオンライン RPG 『Ar:pieL(アルピエル)』の OST(オリジナル・サウンドトラック)に参加し、2015 年 12 月にはデジタル配信シング ル『PATTERNS』を発表した。2016 年 10 月、通算 2 枚目の EP『WHAT A MESS!』を発表予定。

 

VIPDM69×MESSGRAM presents MESSGRAM JAPAN TOUR  公演情報(全 2 回)

 

【日時】2016 年 9 月 2 日(金)

【会場】吉祥寺 CRESCENDO(クレッシェンド) 〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町 1-25-24-B1  http://www.kichijoji-crescendo.net/

【アクセス】JR 中央線、京王井の頭線「吉祥寺駅」北 口より徒歩 8 分

【出演】Moth In Lilac /ULMA SOUND JUNCTION /M.D.M.S/MESSGRAM ほか

【開場/開演】後日発表

【料金】後日発表

公演に関するお問い合わせ:吉祥寺 CRESCENDO TEL:0422-22-8561 / FAX:0422-20-5769 E-mail: info@kichijoji-crescendo.net

 

【日時】2016 年 9 月 4 日(日)

【会場】新宿 Wild Side Tokyo(ワイルドサイド・トウキョウ) 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-13 貝塚ビルB1 (http://ws-tokyo.com/)

【アクセス】東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」3 番出口 より徒歩約 5 分/都営新宿線、東京メトロ丸ノ内線「新 宿三丁目駅」C7 出口より徒歩約 5 分

【出演】666 three six/HERNIA 44/Reasterisk/Ms.Red THEATER/White Z Company/MESSGRAM ほか

【開場/開演】後日発表

【料金】後日発表

公演に関するお問い合わせ: 新宿 Wild Side Tokyo(ワイルドサイド・トウキョウ) TEL 03-5919-8847 FAX 03-5919-8848 E-mail:info@ws-tokyo.com

2016.07.23

blank