チェ・ドンハ、日本のファンとの再会に涙!

 

9月11日、東京・国際フォーラムCホールにて、「第5回 SEOUL TRAIN with チェ・ドンハ」が開催された。

今回は、韓国で実力派ボーカルグループ“sg WANNA BE+”の元リーダー、チェ・ドンハが出演。人気絶頂の中グループを脱退し、ソロ・シンガーとして2009年11月に再スタートし、ミュージカルへの出演など活躍の場を広げている。また、pixy(ピクシー)もゲスト出演し華を添えた。

pixy(ピクシー) pixy(ピクシー) pixy(ピクシー)

青いペンライトが揺れる中、pixyの「あいしてる」の優しい歌声でライブがスタート。

会場はいきなり甘くしっとりとした雰囲気に包まれた。

「ファンの方々に、“愛してる”と届けたい気持ちで作った。」と言うと大きな拍手が沸いた。続けて「ぬくもり」をアコースティックバージョンで熱唱。

そして大好きだという「レイニーブルー」を披露し、会場のファン達はすっかりpixyの世界に入り込んでしまった。

pixy(ピクシー) pixy(ピクシー)

日本に住んで4年目になるというだけあって、通訳ナシでの日本語のトークはさすが。

以前は“KCB”というグループでボーカルとして活躍していたが、ソロになって寂しくないですか?の問いにも、「『You are not alone』(新アルバムの題名)1人じゃないので、大丈夫!と言って、しっかりアピール(笑)。

「1人になってファンの視線を1人占めできるから嬉しい。」とお茶目な一面もみせた。 「日本で長く音楽活動をしていきたい。」と抱負を語り、「ボクら」を披露すると惜しみない拍手が送られた。

 

次は、待ちに待ったチェ・ドンハ!! 「ドンハ~!」の声と共に大歓声が響くステージに、「どうやって忘れますか」を歌いながら登場した。スタートしてすぐにマイクのアクシデントが少々あったが、それもご愛嬌。2年4ヶ月の再会を楽しみにしていたファンらに温かく迎えられた。

チェ・ドンハ

「こんにちは。お会いできて嬉しいです。」と挨拶。

シックな衣装もとても似合い、2曲目「シムジャンイ ハヌンイル」でも力強く熱唱した。

続いての「チャルガ パボヤ」では総立ちとなり会場はヒートアップ。

ドンハも客席もノリノリ状態となった。 最近のマイブームは「ドライブ」で、好きな日本食は「寿司」。中でも“マグロ”が大好物だという。

クイズ形式で会場から1人が選ばれ、愛用のサイン入り帽子とCDがプレゼントされた。

その時の質問では、デートするなら山より海。犬と猫では、どちらかというと犬が好き。

旅行するならヨーロッパがいい。と。MCとの軽快なトークで素顔のドンハを垣間見ることができ、楽しいひと時をすごした。

4曲目「心も愛も涙も」をしっとり歌い上げ、会場を魅了した。

なんとこの曲は中学1年生の時に作ったというから驚きだ。ちょっとおませな子供だったのでは?と言われると、逆に内気な性格だったのだという。

ラストの「オリン サラン」で更に会場は大いな盛り上がりを見せ「たくさんのお客様が来てくれて本当に嬉しい。

すごく楽しくていつもよりたくさん話をした。韓国に帰ってもいい曲を作って、次は単独コンサートをやりたい。

今日の気持ちを胸にしまって帰りたい。」と感謝の気持ちを伝えた。

アンコールの「ノラソ サランヘ」では、感激のあまり大粒の涙を流したドンハ。

会場のファン達も涙が止まらない。笑いあり、涙ありの楽しいイベントはあっという間に終演となった。

ドンハの魅力は以前と変わらない。いや、これからさらに進化していく事だろう。

歌で人の心を掴むことのできる本格的な歌手だと確信した。

これからの活躍に益々期待したい。

チェ・ドンハ チェ・ドンハ

チェ・ドンハ チェ・ドンハ

今回のイベントは、10月30日 TOKYO MX TVにて放送。 また、11月6日15時~DATVにて放送。

SEOUL TRAIN公式HP http://www.seoultrain.jp/

2010.09.17

blank