楽しく学べるイベント「韓流!“語楽”ナイト」が開催された!

 

3月25日(木)18時30分開演。東京品川・ゆうぽーとホールにて「韓流!“語楽”ナイト」が開催された。 会場の外は雨が降りあいにくの天気にも関らず、会場は韓国語を勉強している人 ,興味のある人で熱気に溢れていた。

「韓流!“語楽”ナイト」  「韓流!“語楽”ナイト」

このイベントは、“韓国ドラマ”や“K-P0P”には、心ときめく数々の言葉がある事を理解して、言葉・文化を楽しめたらと開催された。

この日の出演者は明るく元気なキャラクターで高感度が高く、夫の劇団ひとりと共に韓流ファンで有名な大沢あかね、DJやMC、バラエティー番組で活躍中の俳優のコン・テユが登場した。

続いて、俳優でマルチな才能で幅広活躍している細川茂樹が登場、映画「ブラザー フット」がきっかけで韓国に嵌ったと明かし、4月からNHK「テレビでハングル講座 」で生徒役として出演、はじめてハングルに挑戦する。

韓国学の第一人者で、多くの著書とNHKテレビ、ラジオのハングル講座でおなじみの京都大学准教授、小倉紀蔵先生が登場し「韓国の文化がわかれば、もっと面白く 見る事が出来る」と語り興味をさそった。

「韓流!“語楽”ナイト」  「韓流!“語楽”ナイト」

軽快な音楽とともにユン・サンヒョンが登場し会場は大歓声に包まれた。 韓国で昨年シンドロームを巻きおこし、大ヒットしたドラマ「僕の妻はスーパーウ ーマン(原題:内助の女王)」でテポン役を演じ、一躍スターダムにのぼり、今年 3月にドラマの劇中歌などを収録したシングルで、待望のメジャーデビューも果たした。4月か ら始まる、NHK「テレビでハングル講座」のスキットに出演するというから楽しみだ。

「韓流!“語楽”ナイト」

第1部の『ユン・サンヒョン“徹底解剖”』のコーナーでは、クイズ形式で色々な質問がされた。

俳優になる前には歌手を目指していた事、洋服のデザイナーの仕事をしていたことがある等を明かし、好きな女性のスタイルは、キャビンアテンダントのようなタイトでシンプルなスタイルだという。

また、「山」が好きで、日本では富士山が好き・・・山の話をさせると止まらなくなるほどだという。

料理も得意とのことで、日本の食べ物の中では「梅干」が苦手で、好きな食べ物は「芋」。

「イモを愛していま~す。」と言って会場の笑いを誘った。

大ヒットしたドラマ「僕の妻はスーパーウーマン(原題:内助の女王)」のシーン をコン・テユと再現する場面は、思わず笑いを誘っていた。

また、小倉紀蔵先生から「このドラマは韓国社会を垣間見ることが出来る。

ヌンチ という言葉がキーワード。その場の空気を読むことが大事」と興味深い話に、もう 一度このドラマをじっくりと見て見たいと思われた人も多かったのではないだろう か。

ハングルでユン・サンヒョン氏に愛を伝えるコーナーでは、沢山の応募者の中から 3名が選ばれ、ステージ上での素晴らしい愛の告白に感激していた。

 

第2部はユン・サンヒョンのミニライブ。「サランハムニダ」「最後の雨」「Never Ending Story」を熱唱! 会場からの熱い声援に涙ぐんでいた姿が印象的だった 。

「K-P0P! みんなでノレバン」コ-ナーでは、イントロクイズや「ポゴシプタ」、 不朽の名作「マイメモリー」を全員で熱唱。

大沢あかねとコン・テユとの楽しい司会進行と細川茂樹の軽快なトークが魅力の素敵なひとときとなった。

小倉紀蔵先生の軽快で分かりやす解説にとても感動し、もっともっと韓国社会のこ とを知り言葉を勉強し理解したいと思った方が大勢いたのではないだろうか。

最後に、小倉先生から「今日、僕はユン・サンヒョンのファンになりました。苦労されているだけあって、人間が出来ている。」と称え、「韓流ファンは、どんどん成長している」と嬉しそうに語った。

ユン・サンヒョンは、「今日はとても感慨深いものがあった。この気持ちを忘れずに、これからも皆さんに歌と演技をプレゼントしていきたい。正直で真心のある俳優になりたい。僕に勇気を下さるファンの皆さんをお姉さん、妹、家族のように思っています。いつも感謝しています。」と心からのメッセージを伝え、イベントは幕を下ろした。

このイベントの模様は5月1日(土)16時よりNHK教育テレビで放送予定!

「韓流!“語楽”ナイト」 「韓流!“語楽”ナイト」

2010.03.28

blank