KBS側、”プロポフォール投薬”チャン・ミイネ本人の申請で出演停止を解除

KBS側、”プロポフォール投薬”チャン・ミイネ本人の申請で出演停止を解除

韓国KBSが、女優チャン・ミイネ(31)の出演停止を解除した。

KBS側の関係者は23日、「チャン・ミイネ本人の申請により、先月KBS出演停止が解除となった」と明かした。

これを前にチャン・ミイネは去る2013年、睡眠麻酔剤であるプロポフォールの不法投薬容疑で懲役8か月・執行猶予2年が言い渡され、KBSより出演停止処分を受けていた。

一方、去る2013年にシットコム「ノンストップ4」でデビューしたチャン・ミイネは、ドラマ「ソウルメイト」や「幸せな女(邦題:幸せな女−彼女の選択−)」、「会いたい」などに出演し活動した。

WOW!korea提供

2016.05.23

blank