「速報」FTISLAND イ・ジェジン、クァク・ドンヨンと揃って登壇!主演映画「学園サバイバル~アブジェンイ~」舞台挨拶&先行上映会開催

DSC_4683

韓国の大人気ウェブコミックを原作としたドラマ「学園サバイバル~アブジェンイ~」が日本で7月2日(土)より前・後編の2部作同日公開が決定した。

日本公開に先駆け、主演を務めるFTISLANDのイ・ジェジンと俳優のクァク・ドンヨンが、5月21日(土)、東京・ビックサイトTFTホール1000にて舞台挨拶のために揃って登壇した。

前編が上映された後の舞台挨拶とあって、イ・ジェジンとクァク・ドンヨンは熱烈なファンの声援によって迎えられた。

part1 FTISLAND イ・ジェジン、クァク・ドンヨン登壇!

DSC_4385DSC_4380

ジェジンはグレーのTシャツに黒のクラッシュデニム、ドンヨンは柄もののシャツに黒のパンツというカジュアルな姿で並んだ。

ドンヨンは「初めまして。パク・コン役のクァク・ドンヨンです」と日本語でシンプルにあいさつ。

続くジェジンも日本語で「こんにちは。ユ・デチ役のジェジンです。久し振りに真面目な雰囲気で少し恥ずかしいです」とはにかみながら日本語であいさつをした。

DSC_4499

どんな作品なのか?との質問にドンヨンは、「この作品には深い意味が込められています。弱肉強食の世界、そしてそのような世界で仕方なく生きていかなければならない社会構造についても描かれていますが、それを学園に置き換えて、楽しく、見やすくした作品だと思います」と明かすと、ジェジンが「今の説明はパーフェクトです!」と突っ込みを入れ会場を笑わせた。

DSC_4504DSC_4511

メディア用の撮影タイムでは、映画の宣伝看板を2人で仲良く持ちながらの撮影。

パネルの高さを気にしながらも、笑顔やピースサインなどのサービスもたっぷり。

その様子を見守っていたファンたちからは「可愛い!」「カッコイイ!」と次々に黄色い声援が沸き上がった。

DSC_4578DSC_4579

最後は、ファンのためのフォトタイム。

ドンヨンとジェジンが自ら客席に降りていき、会場を一周した。

DSC_4598

真近で歩く2人に、ファンのテンションは最高潮にとなり、会場は大いに盛り上がった。

 

詳しいレポートは後日掲載いたします。

2016年5月21日PM5 : 25 配信 (C)Korepo

 

◆作品タイトル:『学園サバイバル~アブジェンイ~』

<story>トラブルメーカーばかりが集まる不良高校、プンラン高校。そこへ、“ケンカが生きる全て” という問題児パク・コン(クァク・ドンヨン)が転校生としてやってきた。しかし、以前の高校では不良グループのリーダー格であった彼が、今度は立場が逆転、イジメの対象となってしまう。なかなか新しい学校生活に馴染めずにいたパク・コンにとって、唯一の心の安らぎとなったのが柔道部主将イ・ボンヒ(ボラ)だった。彼女はいつも影で見守りながらパク・コンの話し相手となり、二人の距離は少しずつ近づいていく。一方、ボンヒだけをずっと一途に思い続けてきたプンラン高校唯一の平凡男子ユ・デチ(イ・ジェジン)は、恋のライバルの出現で平凡だった学園生活が大きく動き始める。問題児と平凡男子による恋のライバル戦と、そこで芽生える男の友情。彼女をめぐり微妙なスクールライフが始まった-

 

7月2日(土)2週間限定 前編・後編 同日ロードショー

配給:ライブ・ビューイング・ジャパン  (c)The Flatter

公式サイトhttp://liveviewing.jp/contents/aboojangi/

 

2016.05.21

blank