「コラム」ペ・ヨンジュン 過去への旅路(第10回)

ペ・ヨンジュン第10回 『ホテリアー』の成功

新作『警察特攻隊』の主演が決まり、念願の大学合格まで果たしたペ・ヨンジュン。1999年の12月から翌年1月にかけては、のんびりと国内旅行も楽しんだ。予定も立てずに一人でブラリとドライブに出掛けるのが好きだった。特に、風光明媚な場所が多い江原道(カンウォンド)によく遠出したという。そんなふうに休養期間を過ごしていたのだが、安寧の日々が一転する出来事が起こった。

 

制作陣と対立

実は、『警察特攻隊』の撮影開始を前にして、制作陣とペ・ヨンジュン側の間でいくつかの摩擦が表面化したのである。

制作陣の言い分は、「ペ・ヨンジュンは他のテレビドラマと掛け持ちしようとしている」「ペ・ヨンジュンが演じる役について、そのキャラクターの修正を求めてきた」「コサ(作品の成功を祈願する儀式)にも一人だけ欠席した」というもの。かなり不信感が高まっている様子だった。

実際、ペ・ヨンジュンに対してはMBCからドラマ『悪いやつら』への出演依頼が来ていたし、彼がその出演に意欲を持っていたのは確かだ。

しかし、ドラマの掛け持ち出演はどの俳優も普通に行なっていることで、「特に問題がない」というのがペ・ヨンジュン側の立場だった。

しかも、「脚本が出来上がる過程で自分が引き受ける役が当初の約束から違ってきている」という不満も生じていた。

もっと具体的に言うと、演じる人物の重要度が低くなっていたのだ。これは、作品選定に厳格なペ・ヨンジュンとしても、受け入れがたいことだった。

 

騒動となった出演辞退

小さな摩擦がマスコミ報道によってどんどん大きくなり、修復不可能なところまで両者の意見は食い違ってしまった。やむなく、ペ・ヨンジュンは『警察特攻隊』の出演を辞退することになった。

この騒動によって、「ペ・ヨンジュンは扱いにくい俳優」という印象が広がったのは確かだ。放送関係者の一人は「人気というのは瞬間的なものだから、俳優として生き残るためには、演技のうまさと同様に、人間的な成熟度も重要だ」と語った。

また、マスコミの報道には制作側に寄ったものも多く、ペ・ヨンジュンが窮地に陥ったのも確かだ。

騒動のずっと後に、ペ・ヨンジュンはこう語っている。

「マスコミの報道には偏った部分がありました。私が『警察特攻隊』の出演をとりやめたのは、最初の約束が守られなかったからです」

この約束とは、演じるキャラクターを指している。企画から脚本執筆に移る過程でキャラクターの重要性が変わってしまったことが問題だという認識なのだ。しかし、マスコミは「ペ・ヨンジュンは生意気だ」という論調が多かった。

「もはや俳優として復帰できないのでは……」

そんな不安に苦しめられたペ・ヨンジュン。救いは、大学の授業だった。彼はすべての俳優活動を休止して、ひたすら勉学に励んだ。その成果で、「オール優」に相当するような優秀な学業成績をおさめた。

ペ・ヨンジュン『ホテリアー』が決定

2000年はひたすら学業に専念したペ・ヨンジュンは、2001年に入って本格的にドラマの世界にカムバックした。

1年10カ月ぶりの復帰作となったのは、MBCの『ホテリアー』だった。このドラマでペ・ヨンジュンは冷徹な企業ハンターのシン・ドンヒョクに扮した。

久々にカメラの前に立ったとき、ペ・ヨンジュンは緊張で震えがきたという。数々のテレビドラマで堂々たる主役を演じてきた彼にしても、1年10カ月というブランクは長かったのである。

しかし、戻ってきたペ・ヨンジュンを見て、多くの芸能記者たちは「彼も随分と変わったなあ」という印象を持ったという。まるで、肩に背負っていた重しが取れたかのようだった。

ペ・ヨンジュンもこう語る。

「出演作の選定について厳しかったマインドが、かなり変わりました。今後は、演技の中に徹底的に自分を没入させて、また一から始める気持ちです」

彼は自分自身でも「変わった」と口にしたが、それは外見にもよく現れていた。学業に専念している間に体重が82キロまで増えていたが、『ホテリアー』の出演を機に減量に努め、わずか2カ月で74キロまで減らした。

何よりも、『ホテリアー』で演じるシン・ドンヒョクという人物はシャープな切れ味を発揮するキャラクター。その役に合わせて、からだから贅肉をそぎ落としたのだ。

その減量方法が徹底している。いつもながらのウェイト・トレーニングを重ねたうえで、ダイエット食事法にも取り組んだ。特に、午後6時以降は、水も飲まないほどだった。こうして、自分なりの準備を整えて、ペ・ヨンジュンは撮影に臨んだ。

 

キム・スンウとの友情

撮影が進むほどに勘を取り戻していったが、「演技中の視線をどこに置くか」という問題では苦労が多かった。

ブランクが長かったせいか、どうしても視線がぎこちなくなってしまう。さらには、撮影直前に書き直されるシナリオにも苦しめられた。

けれど、苦労が多ければ多いほど、気持ちが充実してやり甲斐が大きくなるのを感じた。やはり、撮影現場はペ・ヨンジュンが「今まさに生きていること」を痛感させてくれるところだった。

「先輩や同僚に本当に助けられました」

ペ・ヨンジュンは心からそう思った。特に、共演のキム・スンウには精神的に支えてもらった。この先輩俳優の励ましが、本当に大きな力となった。

キム・スンウの役は、ホテルの総支配人ハン・テジュン。ホテルの買収を狙うシン・ドンヒョクとことごとく対立する立場であり、恋のライバルでもある。ドラマの中で徹底的に対立した二人だが、撮影現場を離れれば人間的な信頼関係があった。それがまた『ホテリアー』の成功の原動力になった。

キム・スンウは、ペ・ヨンジュンについてこう語る。

「彼は、想像よりもずっと自由で男らしいですね。初めて会う前は『いつも格好よく着こなしてオシャレな言葉を使う人だ』と思っていたのですが、気軽に冗談を言うような気さくな性格なので驚きました。以来、二人で酒を飲むようになって親しくなりました。そんな中で、私はペ・ヨンジュンが男らしい人間であると実感しました。義理堅いところも大いにありますね」

共演者からこれほど信頼されれば、ペ・ヨンジュンもさぞかし気分よく撮影に臨めただろう。出演陣のチームワークが良く、『ホテリアー』は内容的にもすばらしい出来栄えになった。

ペ・ヨンジュンも復帰作を見事に成功させて、さらなる成長を遂げていった。

(次回に続く)

 

文=康 熙奉(カン ヒボン)
コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

2016.05.19

blank