「取材レポ」チョン・ユミ「生きるか死ぬか…今後の展開に注目してください」時代劇「イニョプの道」取材会に登場!

DSC_3700

4月3日からNHK BSプレミアムで放送がスタートした時代劇「イニョプの道」。ドラマの日本放送を記念し、主演女優チョン・ユミが5月10日(火)、東京都内で取材会を行った。レースのあしらわれた黒のワンピースを着こなした女性らしい姿で登場したチョン・ユミは「このようにたくさんの皆様にお集まりいただきありがとうございます。『イニョプの道』でイニョプを演じたチョン・ユミです。今日はよろしくお願いします」と取材陣に丁寧にあいさつをして取材会は始まった。

時代劇「イニョプの道」は15世紀初頭、高麗から朝鮮王朝へ変わって間もない第3代王太宗(テジョン)の時代が舞台。チョン・ユミ演じるイニョプは、裕福な家の娘に生まれ、何不自由ない生活を送っていたが、婚約者との結婚直前に父が謀反を企てたという濡れ衣により処刑される。そしてチョン・ユミも罪人の娘として使用人まで身分を落とされるが、父の無実を証明するために奮闘する愛と闘いの物語で、毎週日曜日の9時からNHK BSプレミアムで放送されている。また、5月29日にはこれまでのあらすじと今後の見どころ、女優チョン・ユミの魅力に迫るスペシャル番組も放送される予定だ。

DSC_3696 DSC_3702

Q.現代ドラマと時代劇ではどちらの方が難しいですか?
「イニョプの道」や「六龍が飛ぶ」など時代劇をたくさん撮影しましたが、やはり私は現代を生きていますので、時代劇の方が感情的な面で難しいところがあります。時代劇にはその時代にあった事件など、流れがありますので、それをふまえた上での感情演技が難しかったです。

Q. 「イニョプの道」のチョ・ヒョンタク監督は現代劇を中心に撮っていた方ですが、監督から新鮮さなど何か感じられたことはありますか?
監督は俳優たちをリードすることが上手な方です。とても良い方で、撮影現場で楽に、ユーモラスを交えて引っ張っていってくれたので撮影も良い形で終えることができたと思います。

DSC_3728 DSC_3719

Q.(撮影では)水に入ったり、引きずられたりと大変なシーンがたくさんありますが、どのシーンが一番大変で、どんな時が一番楽しかったですか?
毎回の撮影が大変でしたが1つ挙げるとすれば、撮影初日の引きずられるシーンだと思います。初日からそのシーンがあり、続いて水に入るシーンだったのでとても大変でした。楽しかったことは…苦労したことしか思い浮かばないのですが…(笑)そんな中でもサウォルとプニと一緒にいる時は、家族のような存在ですのでどんな大変なシーンでも楽しくできたと思います。

Q.今回オ・ジホさん、キム・ドンウクさんという実力のある俳優二人が登場しますが、お二人との共演はいかがでしたか?
お二人とも素晴らしい俳優でした。オ・ジホさんは時代劇にたくさん出演されているので、時代劇のノウハウを多く教えてもらったと思います。使用人という立場もよく分かってらっしゃいますから。それからドラマを冬に撮っていたのですが、寒い時に体を暖かく保つ方法なんかも教えてもらいました(笑)藁の靴を履くのですが、その中に靴下などを重ね履きして、足が30センチくらいになっていました(笑)キム・ドンウクさんとは年齢も同じで「イニョプの道」を通して友だちになりました。今でも相談をしたり連絡を取り合っています。

DSC_3730 DSC_3734

Q. オ・ジホさん演じるムミョン、キム・ドンウクさん演じるウンギの二人の男性のうち、イニョプがより愛した男性はどちらでしょうか。またチョン・ユミさんはどちらの男性がタイプですか?
二人とも魅力的ですが、やはりイニョプがもともと愛していた男性はウンギで、ウンギと距離ができていくのも現実的な状況がそうさせたので、彼の存在は心の中にトゲのように残っていてそれを抱きながらずっと生きていかなければいけないので、ウンギへの思いというのは捨てることはできないと思います。私だったら…二人を足して2で割りたいです(笑)一人は熱烈に自分を愛してくれて、もう一人はそういった感情なしで見守っている感じなので。私は友だちのように接することのできる人が好きなのでウンギが近いかなとも思うのですが…でもやっぱり二人を混ぜるのが一番ですね(笑)

DSC_3743 DSC_3749

Q.チョン・ユミさんがこれまで見た時代劇で、今回の演技に参考にしたものなどはありますか?
やはり私にとって印象に強く残っているのは「トンイ」で、そのイ・ビョンフン監督からはたくさんのことを学びました。

Q.イニョプを演じる上で気をつけた点や、ご自身とイニョプの似ている点を教えてください。
名家の令嬢から使用人にまで落ちたことでまず初めに経験するのは、体力的な辛さだと思います。それを私が実際に撮影して体感する度に、どんどんイニョプという女性に近づいていけたと思います。私も恐がりではなく冒険を楽しむ性格で、旅行や運動も好きなんです。そういった恐れのない部分はイニョプに似ていると思います。

DSC_3750 DSC_3762

Q. 「イニョプの道」出演をふまえて、今後どんな女優活動をしていきたいか、今後の抱負を教えてください。
「イニョプの道」は私がリードしていかなければならず、女優としての力を持つようにしてくれた作品だと思います。プレッシャーも大きかったですし、大変なシーンもたくさんありましたが、「大変なのは当たり前」と思って撮影に挑み、私にとっては大きな意味のある作品になりました、それが日本でも反応がいいと聞いてよかったと思いました。この経験を生かしてこれからも女優として責任感を持って一生懸命頑張りたいです。

Q.今回の来日でやりたいことはありますか?
もう今日帰らなきゃいけないんですけど…(笑)納豆は買っていくつもりです(笑)昨夜日本に到着して、もう夜で雨も降っていましたが、どこにも行かないのはすごくもったいないと思いました。それで原宿と表参道を傘をさして歩きましたがとても良かったです。焼肉も食べました、おいしかったです。

DSC_3765 DSC_3778DSC_3799

Q.日本のファンと韓国のファンの違いはありますか?
「屋根部屋のプリンス」や「私たち結婚しました」などを通して日本のファンの方が増えた感じがします。なかなか直接交流をすることもできないのに私を応援してくれることに本当に感謝しています。日本のファンの皆さんは手作りのケーキやお菓子などを送ってくれて、とてもありがたく思っているということを伝えたいです。

Q.これから放送されるドラマの見どころについて教えてください。
キャラクターがこれから変貌していくんです。どのように変わっていくのか期待していただきたいですし、生きるか死ぬかという究極のところまでいきますからその点に注目してほしいです。

DSC_3798

今後のドラマの展開に益々期待を持たせてくれる興味深い話をしてくれたチョン・ユミ。韓国では最近ユ・アイン主演の時代劇「六龍が飛ぶ」(原題)を終え、現在放送中の「マスター-ククスの神」(原題)の撮影の真っ最中だ。「イニョプの道」はもちろん、今後の彼女の活躍にも大いに期待が持たれる。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

◆「イニョプの道」NHK BSプレミアム毎週日曜午後9時放送
NHK BSプレミアム「イニョプの道」紹介ページ:http://www9.nhk.or.jp/kaigai/inyopu/

 

2016.05.11

blank