俳優イ・ミンホ、デビュー10周年全世界でファンの祝賀イベント!

201605110957771156_5732845589b32

俳優イ・ミンホがデビュー10周年を迎えた。
2006年にEBS「秘密の校庭」でデビューしたイ・ミンホは、5月10日に10周年を迎えた。2009年の「花より男子~Boys Over Flowers」以降、「個人の趣向」、「シティーハンター」、「シンイ-信義」、「相続者たち」と出演するドラマごとに韓国はもちろんアジア全域で人気をあつめて興行不敗の神話を続けて来たイ・ミンホの人気と影響力を証明するように全世界のファンのお祝いが溢れている。

韓国と中国、日本のファンは明洞(ミョンドン)、江南(カンナム)、東京の新大久保、北京、上海などの代表的な都心地域にイ・ミンホのデビュー10周年を祝う映像を直接作って上映している。特に日本ファンはソウルの地下鉄にお祝いの広告を掲げ、江南、明洞、弘益(ホンイク)大一帯を回る映像バスを通して韓国でもお祝いのイベントをした。
韓国、日本、中国の北京と上海、香港、マレーシア、タイ、フィリピン、ドバイなど8ヶ国では各都市のランドマークで5月10日の10時に同時にイ・ミンホのデビュー10周年を祝う同じ横断幕を持って撮った写真をSNSにアップロードするファンの大型イベントが開催された。また、インドネシア、インド、台湾、ドミニカ共和国のファンがお祝いの映像をオンラインにアップロードしてお祝いに同参した。

このようなファンのお祝いラッシュは、アジアを越えて世界のあちらこちらで続いている。トルコのファンは、「10 Years with Hallyu's King LEEMINHO」というメッセージが刻まれた横断幕をかけた熱気球を飛ばして次元の違うお祝いを伝え、メキシコでもファンの祝賀集会が開催された。このような熱気のなか、weiboでは14万8000人がイ・ミンホのデビュー10周年のハッシュタグに同参して6466万回も見られるというホットイシューで3位になったりした。

イ・ミンホは意味深い活動を率先しようと2014年に寄付プラットホームPROMIZを開設した。
ファンは、10周年を迎えて全世界で善行を行っている。中国と香港のファンクラブではユニセフに寄付をし、中国ファンは内モンゴルの砂漠地域にデビューの日を記念した510本の木を植えた。台湾のファンクラブは、ワールドビジョンに寄付し小学校に文房具類を寄贈し、香港のファンクラブではユニセフへの寄付以外に老人ホームを訪ねてボランティアをしてプレゼントを伝達した。メキシコのファンクラブは、ペットボトルのキャップを集めてリサイクル会社に販売した基金を小児癌患者に寄付している。

イ・ミンホの所属事務所MYMエンターテイメントサイドは、「世界各地でイ・ミンホのデビューをお祝いしてくれている。ファンの善行のおかげで10周年という特別な日をより意義深く記念することができるようになった」と伝えた。
イ・ミンホは、「いつのまにかデビュー10周年を迎えたと思うと感無量です。ファンの愛と声援のおかげでこの場にいることをいつも忘れません。デビューを祝う気持ちで善行を共にしてくれる全世界のファンおかげでもっと多くの人々と分かち合うことができて幸せです。ファンの方々にもっと良い姿をお見せできるように努力します」と語った。

2016.05.11

blank