“大麻密輸”アイドルグループ出身のヒップホップ歌手を拘束起訴

“大麻密輸”アイドルグループ出身のヒップホップ歌手を拘束起訴

韓国アイドルグループ出身のヒップホップ歌手が麻薬密輸容疑で起訴された。

ソウル西部地検刑事3部(部長検事:コ・ウンソク)は6日、海外から大麻28グラムを密輸した容疑(麻薬類管理法違反)で、有名アイドルグループの往年メンバー出身のヒップホップ歌手チェ被告(29)を拘束起訴したことを明らかにした。

検察によると、チェ被告は昨年11月、インターネットサイトを通して大麻を購入し、これを国際郵便で密かに搬入しようとした容疑を受けている。

調査の結果、チェ被告は代金を仮想貨幣で支払い、摘発を避けようとしたことが明らかになった。

WOW!korea提供

2016.05.06

blank