防弾少年団、1億個のハートと120万人の視聴者を集めてカムバックに青信号がともる!

사본 -201605020059776711_57262945c84dd01

また新記録だ。防弾少年団がVアプリを通して1億個のハートと120万人の視聴者という予測不可能な数値でカムバックに青信号をつけた。燃えあがる彼らの活躍は、これからがスタートだ。
防弾少年団は、1日にNAVER Vアプリで生放送された防弾少年団のカウントダウンライブを通して久しぶりにファンの前に出た。多くの愛を受けた「花様年華」シリーズのフィニッシュを飾ることになるスペシャルアルバム「花様年華 Young Forever」のプレビューや、「ビーグルドル」らしい溌剌とした魅力まで完璧に備えていた。

この日の放送は一日MCを担当したメンバーのSUGAとジミンの進行で行われた。流暢な進行とセンスあるコメントが素晴らしかった。この新曲「FIRE」に似合った最高の「バーニングマン」を選ぶためのゲームの進行もなめらかだっだ。
ランダムプレイダンスや、「ジョングクに勝ちなさい」、「辛いチキンをおいしく食べる」などの様々なゲームを通して、7人のンバーはどこでも見られなかったユニークさでセンスいっぱいの笑いをプレゼントした。メンバー同士目配せをしたり、カメラに向けて愛嬌を爆発させたり防弾少年団の隠しきれないセンスを精一杯アピールした。

しかし、この日のハイライトは何といっても新曲に関するの情報公開だった。 防弾少年団は長い間待ってくれたファンのためにトラックリストやダンス、ミュージックビデオのビハインドストーリーなどを果敢に公開した。
先立って公開された23曲のトラックリストの曲ひとつひとつについて説明して、ポイントダンスもこっそり公開した。SUGA、J-HOPE、RAP MONSTER、ジンが代表で熱いものを触って手をはたいたり足を震わせたりするパフォーマンスを初公開した。

またジミンは、「これ言ってもいいかな」と若干間をおいてから、ミュージックビデオのビハインドストーリーを打ち明けた。彼は「このミュージックビデオに沢山の若い男性が出ます。男性のエキストラの方々がたくさん手伝ってくれましたが、撮影が終わると同時にある男性が僕に何かを差し出しました。紙を広げて見ると僕の絵でした」とエピソードを明らかにした。
これに負けずRAP MONSTERも、「ミュージックビデオのエキストラの年齢層がとても広かったですが、その中に17歳の高校生がいました。今度、学園祭で僕らの『I Need You』と『DOPE』をカバーすることにしたと言ってました。」と打ち明けた。

この日防弾少年団の放送は、1億個のハートと120万人以上の視聴者数を記録して終わった。今回のカムバックに対するファンの熱い関心と期待を代弁する数値だと思えば、防弾少年団の肩の荷はいっそう重くなっただろう。果して防弾少年団は今度も「やはり防弾少年団だ」という評価を受けることができるのか。

2016.05.02

blank