「コラム」日本と違う韓国のビックリ/第16回/韓国人の「姓」

Ojf2MaAcVqWe_j41461282602_1461282632韓国で一番人口が多いのは金(キム)。写真のキム・スヒョンのように芸能界にも「金」の姓が多い

第16回 韓国人の「姓」

日本と韓国の姓を比較してみよう。韓国人の姓は漢字1文字が基本。しかも、種類はわずか300足らずしかない。日本人の姓は1万以上もあると言われているから、韓国人の姓の少なさは際立っている。その中で、突出して多い姓が金(キム)と李(イ)である。

人口の半分以上を占める5大姓

金という姓が韓国の人口に占める割合は21.6%である。5000万人という人口の中で、なんと約1080万人が金を名乗っている。

当然ながら、姓だけでその人を呼ぶと、何人も振り向くような結果になるので、韓国では姓だけで人を呼ぶことは少なく、フルネームが基本になっている。友人同士の場合は、姓ではなく名前で呼びあうのが普通だ。

2位の李は14.8%もいて、韓国全体で約740万人もいる。さらに、朴(パク)は8.5%で約425万人である。

以上の金、李、朴という3大姓だけで、韓国全体の44.9%にのぼる。おそるべき占有率だ。

ちなみに、4番目に多いのが崔(チェ)。全体の4.7%で約235万人となっている。5番目の鄭(チョン)は4・4%で約220万人である。

3大姓に崔と鄭を加えると5大姓となり、その占有率は54.0%になる。わずか5つの姓だけで軽く過半数を越えてしまうのだから、韓国人の姓がいかに少数にかたよっているかがわかる。

(2ページにつづく)

2017.10.29

blank