「少女時代」テヨン、過激ファンの“電話テロ”に苦痛訴える…「お互いにとってよくない」

「少女時代」テヨン、過激ファンの“電話テロ”に苦痛訴える…「お互いにとってよくない」

韓国ガールズグループ「少女時代」テヨンが私生ファン(韓国語でサセンペン:芸能人の私生活を追いかける過激なファン)へ向けた訴える文章を掲載した。

テヨン(少女時代)は14日、自身のInstagramに「これはお互いにとっていいものではない。私の足りない意思表現でこれだけでもご了承願います」という文を掲載した。

続けて「これは気分の良い掲示物ではないので、すぐに削除するようにします」と書き込み、自身の携帯電話の通話記録が写った写真を掲載した。

該当の写真には私生ファンと思われる発信者不明の不在着信記録。この写真は現在削除された状態だ。

私生ファンはストーカーのように芸能人の一挙手一投足を監視し追跡する人々をいう。公演会場や寮などを追いかける過激なファンを通り越して、スターだけでなく一般のファンを脅かす対象である。

テヨンをはじめ「EXO」やパク・ジェボム、「JYJ」、「SUPER JUNIOR」、チャン・グンソク、「BIGBANG」などが私生ファンからの苦痛を吐露して論争が起きた。

WOW!korea提供

2016.04.14

blank