CNBLUEヨンファ、最善をつくした「シュガーマン」、また違ったチャレンジだった!

201604131120776889_570dada5a5c07

人気バンドCNBLUEジョン・ヨンファが、JTBCの「To You Project-シュガーマンを探して」(以下「シュガーマン」)の出演後の心境を語った。
ヨンファは、12日に放送された「シュガーマン」にリュ・ヒヨルチームのプロデューサーとして出演して「The Name」を新しいスタイルで公開した。ショーマンとして歌手パク・ボラムが出演してヨンファと完璧に息を合わせた。

放送直後にヨンファは、所属事務所FNCエンターテイメントを通して、「僕の歌を直接作って来たし編曲もしました。でも以前好きだった曲を編曲するというのはまた違った意味でのチャレンジでした。それで、必ずやって見たかったです。最善をつくして作業したし楽しかったです」と出演の心境を伝えた。
また、「シュガーソング」のプロデューシングについて「原曲のイントロのピアノラインにこの曲を記憶させるパワーがあると思いました。それで、1節にピアノラインで原曲の感性を表現して、その後原曲のカラーを残したままリズムを替えて違ったカラーを感じるように編曲しました。昔、たくさん歌った歌を新しく編曲できて光栄です」と伝えた。

この日のショーマン対決では、リュ・ヒヨルチームがユ・ジェソクチームを抑えて優勝を射止めた。
ヨンファの属したCNBLUEは、4日に発売した新曲「こんなに綺麗だったのか(YOU'RE SO FINE)」で活動中だ。

2016.04.13

blank