女優パク・シネ、「解語花」を見る間中胸が痛かった!

¹Ú½ÅÇý, '»õ»¡°£ À¯È¤~'

映画「解語花」に対する、女優パク・シネを含むスターの好評がつながっている。
「解語花」は、11日午後8時からロッテシネマワールドタワーでVIP試写会を開催した。映画は、1943年非運の時代、最高の歌手を夢見た最後の芸者の隠されたストーリーを描く。
映画を見たパク・シネは、「見ている間中、胸がちくちくと刺すようにいたかったです」、パク・キョンリムは、「名台詞がとても多かったです。音楽と色感、美術と演技が調和する最高の映画です」と評価した。

またチョン・ユミは、「とても感動的でした。同じ女優として本当にうまく行ったら良いでしょう」、チョン・ヒェジンは、「深い感動と余韻が長続きするようです。今年の春、恋人同士や家族同士で一緒に見たら良い映画です」と好評した。
これ以外にもキム・イェウォンは、「一編の詩のようでした。美しい俳優の姿を期待できます」、チョン・ヒェビンは、「美しくて心の琴線に触れる映画です。俳優の美しさが引き立ち、見る間中魅了されました」と映画に対する感動を伝えた。
「解語花」は、13日に封切りする。

2016.04.12

blank