「取材レポ」(前編)2PM、Block B、チョンジン(SHINHWA)、TWICEらが豪華競演!「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN」大盛況!K-POPファン熱狂の2日間が終宴!

KCON 2016 Japan_MC 0409昨年のさいたまスーパーアリーナでの初開催に続き、今回が2回目となる「KCON 2016 Japan」。日本最大級のコンベンション施設、千葉・幕張メッセにて4月9日(土)・10日(日)両日開催。メインイベントである「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN」のステージも2日間に渡って行われ、K-POPを牽引する豪華アーティストが出演しファンを熱狂させた。

プレショーでは古家正亨のMCで今後の活躍が期待されるグループが登場。10日の公演では4人の美しいハーモニーで人気急上昇中のTORITOPS*、魅力的なボーカルとポップな感性で人気のシンガーソングライターBILY ACOUSTIE、4月13日に日本デビューを控えている7人組ガールズグループCLC、高い歌唱力とパフォーマンス、2016年のMnet広報大使も務めるCODE-Vの4組が見事なハーモニーやキュートなパフォーマンスで会場の注目を集めた。

そしていよいよ開演。メインステージからセンター、サブステージへと続く花道が延び、飛び地のようなサイドステージが広がる空間に、カウントダウンと出演アーティスト映像がスクリーンに映しだされると、否応なしに高まるボルテージ。

スペシャルMCとしてハン・スンヨンとユナク(超新星)が登場。ユナクは「こうして日本の皆さんの応援と情熱を感じるとK-POPを楽しんでくれているんだとうれしく感じます」と伝え、ハン・スンヨンは「皆さん期待してくださいね!」とステージへの期待を高めた。

KCON 2016 Japan_TWICE (9)

TWICE

KCON 2016 Japan_TWICE (1) KCON 2016 Japan_TWICE (6) KCON 2016 Japan_TWICE (5) KCON 2016 Japan_TWICE (4) KCON 2016 Japan_TWICE (3) KCON 2016 Japan_TWICE (2)

「盛り上がる準備はよろしいですか!」とユナクが煽ると、2015年に韓国デビューし、今もっともホットな9人組ガールズグループTWICEが、デビュー曲「Like OOH-AHH」の溌剌としたパフォーマンスで最初のステージを飾った。大歓声を浴びながらメインステージから花道へ。1曲目から銀テープも飛び出すと、「初めましてTWICEです」と笑顔であいさつ。自己紹介の後、サナが「もうすぐ韓国で、2ndアルバムでカムバックします!熱い応援よろしくお願いします」と伝えると大きな声援があがり、最後に「もう一度して」のステージをキュートに披露した。

KCON 2016 Japan_TWICE (7) KCON 2016 Japan_TWICE (10) KCON 2016 Japan_TWICE (8)

続いて「俺が誰かわかるか?強い男、カンナム!」と自己紹介しながら登場したのはKangNam。バックダンサーを従えて「CHOCOLACE」を軽やかに熱唱。

KCON 2016 Japan_KangNam (3)

KangNam

KCON 2016 Japan_KangNam (7) KCON 2016 Japan_KangNam (6) KCON 2016 Japan_KangNam (2)

「ソリジッロー(叫べ)!」と叫ぶと客席のハートをがっちり掴んだ。M.I.Bとして韓国デビューし、日韓ハーフとして韓国バラエティで大ブレイクしたKangNam。会場からの「康男〜!」という声援に「みんな本名知ってて、びっくりするね」と笑いながらも、「はい、康男ですよ(笑)。西葛西から来ました」と本名の滑川康男としてもチャーミングに応じ会場を沸かせた。「5月25日に『Ready to fly』という楽曲で日本デビューします」と報告すると、「Ready to fly」(※非放送楽曲)を初披露。歌でもトークでもファンを魅了した。

KCON 2016 Japan_KangNam (1) KCON 2016 Japan_KangNam (5)

ここでMCのユナクが「Zepp東京で超新星として初めてやったライブ、あの時の緊張感を今思い出します」と言うと、ハン・スンヨンも「私も日本語がいっぱいいっぱいになって大変だった思い出がありますね」とそれぞれ日本での初ステージについて振り返った。

KCON 2016 Japan_MC 0409

ハン・スンヨンユナク

次に登場したのは日本初上陸となる2015年に韓国デビューしたJYP初の5人組バンドDAY6。

KCON 2016 Japan_DAY6 (2)

DAY6

デビュー当初からライブ活動をメインに行い、メンバー全員が高い歌唱力を持ち、演奏だけでなく作詞作曲も行う実力派。センターステージに組まれたバンドセットで「Letting go」を披露。リーダーのソンジンが「皆さん!盛り上がってますか!」と確認するとファンは「ネー(はい)!」と歓声で応じた。「初めまして!DAY6です」と初々しい日本語であいさつし、Young Kは「僕たちの演奏と歌声で皆さんが温かい気持ちになったらうれしいです」と伝えると、最後はデビュー曲「Congratulations」。DAY6の見事な生演奏と歌声が会場に響いた。

KCON 2016 Japan_DAY6 (1) KCON 2016 Japan_DAY6 (4) KCON 2016 Japan_DAY6 (3)

またスペシャルMCのウヨン、テギョン(2PM)が「皆さん、楽しんでますか!」と客席に登場し、二人の軽快なやり取りで「Girl Crush(女子が女子から衝撃を受ける)」と題したスペシャルステージが紹介された。

KCON 2016 Japan_ジミン(AOA) (6)

ジミン(AOA)

KCON 2016 Japan_ジミン(AOA) (5) KCON 2016 Japan_ジミン(AOA)&Heize (5) KCON 2016 Japan_ジミン(AOA)&Heize (4)

Heize、ジミン(AOA)

TWICEのダンス、ジミン(AOA)の迫力あるステージ、韓国で注目の女性ラッパーHeizeとジミンとのコラボステージなど、女子が女子に憧れる「Girl Crush」にふさわしいパワフルなガールズステージが繰り広げられた。

KCON 2016 Japan_ジミン(AOA)&Heize (6)

そしてEXOチャンヨルとのコラボで話題の実力派ラッパーHeizeはタイトル未定の新曲でカリスマ溢れるクールなステージを初披露した。


KCON 2016 Japan_Heize (3)

Heize

KCON 2016 Japan_Heize (2) KCON 2016 Japan_Heize (4)

続いて登場したのは彼氏にしたいアイドルをコンセプトに日韓で活動中のBOYFRIEND。

KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (3)

BOYFRIEND
KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (5) KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (4) KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (2) KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (1)

「BOUNCE」でこれまでのイメージを一新した男らしいステージを展開すると、ぐっと大人っぽくなったBOYFRIENDのパフォーマンスにファンは熱い声援を送った。「I’m your BOYFRIEND!こんばんは、BOYFRIENDです」と声を揃え、「(昨年のKCON出演から)1年ぶりですよね」とリーダーのドンヒョン。久しぶりのファンとの再会を喜んだ。ヨンミンが「5月3日大阪、5月5日東京で僕たちライブをします。ぜひ見に来てください!」とアピール。ダンスの振りをファンと一緒にやりたいというミヌは、「最後の曲で、サビの“愛してるKiss Kiss”のときにこうして手をあげて」と身振り手振りで説明し、ファンを巻き込んで練習すると、「君という女」「Be My shine」(※非放送楽曲)を2曲続けて熱唱。振り付け練習の成果もバッチリで会場に一体感が生まれた。

KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (9) KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (8) KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (7) KCON 2016 Japan_BOYFRIEND (6)

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

写真提供:(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved

 

後編に続く>>

 

■『KCON』とはー

K-POP、K-DRAMA、K-BEAUTY、K-FOODなど韓国の多様な文化を経験することができるK-Cultureコンベンションで、一つの国をテーマに文化、サービス、製品マーケットが結合された最初のコンベンション型フェスティバルとして、2012年アメリカカリフォルニア州で初開催。その後、毎年アメリカで開催し、前年比2倍以上の観覧数を集め続け、高い成長と経済的波及効果を見せています。 本格的に開催地を拡大した2015年は、 4月にさいたまスーパーアリーナで開催した『KCON 2015 Japan』を皮切りに、7月にアメリカ LA, 8月に NY、11月に済州島開催を通じ、韓国国内外観光客を対象に韓流の新しいビジネスモデルを提示。

2014年からは、韓国中小企業庁、大・中小企業協力財団、KOTRAとともに韓国国内有望中小企業を海外招待し、KCON観覧客を対象とした現場マーケティングや広報、KCON開催地バイヤーとのビジネス商談会などを通じて中小企業の海外売り先開拓の実質的な足場を提供しています。自力で海外進出が難しい中小企業の海外進出をはかるグローバル共存活動も行っています。また2016年は3月に中東での初開催後、日本、LA、ニューヨークなどさらにグローバルに K-Culture ファンが韓国の多様な文化を楽しめる機会を提供する予定です。

■開催概要

『KCON 2016 Japan』

開催日:2016年4月9日(土)、10(日) 10:00開場

開催場所:幕張メッセ国際展示ホール5~8ホール(千葉県千葉市美浜区)

4/9(土)BEAT WIN/チェ・ウシク/CLC/CODE-V/HOTSHOT/JJCC/SNUPER/THE 5tion/TRITOPS*

4/10(日)BEAT WIN/CLC/CODE-V/HOTSHOT/JJCC/SNUPER/THE 5tion/TRITOPS*

『KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN』

開催日:2016年4月9日(土)、10(日) 18:00開場/19:00開演 予定

開催場所:幕張メッセ国際展示ホール7,8ホール(千葉県千葉市美浜区)

4 月 9 日(土): AOA、キム・ソンギュ(INFINITE)、Lovelyz、MONSTA X、ニコル、N.Flying、WINNER、ZICO

スペシャル MC:ハン・スンヨン、ユナク(超新星)、ソルヒョン(AOA)

M&G 参加アーティスト:12:00~MONSTA X 13:00~ハン・スンヨン、14:00~N.Flying、15:00~ニコル

4 月 10 日(日):2PM、Block B、BOYFRIEND、DAY6、Heize、チョンジン(SHINHWA)、KangNam、TWICE

スペシャル MC:ハン・スンヨン、ユナク(超新星)、ウヨン(2PM)、テギョン(2PM)

M&G 参加アーティスト:12:00~TWICE 13:00~DAY6、14:00~Block B、15:00~BOYFRIIEND

主催:CJ E&M /CJ E&M Japan

企画:Mnet

制作・招聘:Promax

特別協賛:HotelsCombined

協賛:株式会社ファミリーマート/株式会社ファミマ・ドット・コム/株式会社農心ジャパン/スカパーJSAT株式会社/エバラ食品工業株式会社/眞露株式会社

パートナー:韓国中小企業庁/大・中小企業協力財団/KOTRA/CJジャパン株式会社

運営/お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00~19:00)

公式 HP:http://www.kconjapan.com

公式 Twitter @kconjapan

公式 Instagram @KCONJAPAN

 

■「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN」放送/配信情報

Mnet Japan(CS 放送)

本放送:(字幕なし) 4月14日(木)午後6:00-
再放送:(字幕なし) 4月16日(土)午後6:00-
(字幕あり) 4月17日(日)深夜11:15-、4月19日(火)午前11:00-
5/1(日)10:00~12:00、5/9(月)25:00~27:00

詳細ページ:http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1648

 

Mnet Smart(動画配信サービス)

本放送:4/14(木)18:00~20:30 (字幕なし)

詳細ページ:http://smart.mnet.com/program/1648

 

2016.04.11

blank