アン・ジェウク、コンサート前に会見を開催!

 

アン・ジェウク日本でも安定した人気を誇る、韓国の俳優兼歌手のアン・ジェウクが8月27日東京国際フォーラムにて「ジャパン・ツアー2009 ~Life for Love」を開催し、公演直前の会見で熱い抱負を語った。

 

黒のパンツに白いジャケットを羽織ったアン・ジェウクは、やや緊張した面持ちで会場に登場した。

 

「こんばんは。アン・ジェウクです。お久しぶりにお会いできて大変嬉しく思っています」と笑顔で挨拶した。 アン・ジェウクは、今回のコンサートを「温かみを感じられるステージにしたい。ステージには小さなお城をイメージして、その庭園にファンの皆さんを 招待し楽しいひとときを過ごしたい。そして、落ち着きを持ちながらも、同時に自分の熱い情熱も表現したい。」と語った。

 

また、「昨年のさいたまアリーナのコンサート以来、本来今年の5月に予定されていたが、やむを得ず手術を受けることになり、ようやく開催することができ、長い期間待ちわびてくれたファンのことを思うと申し訳ない気持と、皆さんと再会できて嬉しい気持ちと半々です。」と、ファンの前に立つことが出来なかった時間の辛い気持を素直に表した。

 

アン・ジェウクアルバムを出す前の喉の手術の後、今回歌うことに対しての恐怖感はないのか?との質問に

 

「いつもは、コンサート前に緊張することはないが、今回はいつもより緊張し、いつになく不安です。」と述べた。

8月19日発売した待望のニューアルバムが、予約1位と好調な売り出しについての質問には

 

「とてもありがたい気持ちでいっぱいで、もっと早くアルバムを出してあげたかった。自分自身が活動して、これからもっと皆さんに聞いていただきたい」と意欲を見せた。

 

別れの歌でありながら、少し軽やかな明るい感じのアルバムだという。 最後に、「これからは体調管理もしっかりして、皆さんに心配をかけないように頑張るので見ていてください!」と、ファンに感謝する気持ちを伝え会見は終了した。

 

アン・ジェウクの誠実な人柄が伝わってくる会見となった。 これから新たに飛躍するアン・ジェウクを見ることが出来そうだ。

 

アン・ジェウクアン・ジェウク

2009.09.02

blank