俳優ユ・アイン、ソン・ジュンギ、キム・スヒョン、時代劇で花を咲かせた演技力!

201603271324771403_56f7612bec56f

時代劇は俳優がチャレンジしたい夢の領域として通っている。俳優といえば必ず一度はしたい、しかしたやすくチャレンジすることができないジャンルが、まさに時代劇だ。台詞のトーンや表情から現代劇とは大変違っているため、演技力がしっかりしていなければ視聴者の冷たい視線と評価を受けなければならない。そのため時代劇にチャレンジする俳優は、現代劇よりももっと多くの時間を投資しなければならないという負担がある。撮影も大変だ。カリスマで重武装した中堅俳優があまりにもたくさん出演するジャンルなので、若い俳優の緊張度は時代劇で最高潮に達すると言っても過言ではない。

こんな状況なので、時代劇で演技力と存在感を認められたスターはその後の作品も大きく注目を集めるものとされている。現在、大韓民国を動かしているスター中のスターユ・アイン、ソン・ジュンギ、キム・スヒョンもここに該当する。

ユ・アイン、「成均館スキャンダル」から「六竜が飛ぶ」まで、次世代の時代劇王
ユ・アインは最近、50部で終映したSBSの月火ドラマ「六竜が飛ぶ」のイ・バンウォン役で、代役が不可能なだと言われる演技力を公開して視聴者の絶賛を受けた。すでに映画「ベテラン」と「思悼(サド)」で、若い年齢からは想像できないほどの演技を爆発させて「アイン時代」の門を開いたユ・アインなので、このような好評はもう当たり前だと言われても過言ではない。

こんなユ・アインの真価がまともに輝き始めたのは、KBSドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のムン・ジェシンからだった。パク・ユチョン、パク・ミニョン、ソン・ジュンギと一緒に朝鮮版F4を構成したユ・アインは、この統制不可能な朝鮮の不良を通して今までの幼い美少年のイメージを脱皮した。製作段階でユ・アインがイメージに合わないという心配があったが、これらが放送後にはすっかり消え去ったほどだ。

ムン・ジェシンは無情な悪い男のスタイルだが、ユニ(パク・ミニョン)には限りなく温かい守護天使でユ・アインの演技力と独特な雰囲気がぴったり合っていっそう魅力的なキャラクターに変貌した。特に、女の前に出るとしゃっくりをするというキュートな面はユニの前でいっそう強調されて大きな愛を受けた。また、人のいいク・ヨンハ役のソン・ジュンギとは特別なブロマンスを形成し、その年のKBS演技大賞でベストカップル賞を受賞した。

ソン・ジュンギ、「根の深い木」で証明した世宗(セジョン)の威厳!
ソン・ジュンギは、デビュー初期からイケメンのビジュアルで注目を集めたイケメン俳優だ。MBCの「トリプル」で、女優ミン・ヒョリンに不意打ちキスをして逃げた姿や、SBSの「クリスマスに雪は降るの?」でナム・ジュヒョンを守る心強いお兄さんと、ソン・ジュンギは独特な白い肌と目の保養になるビジュアルで女性視聴者の目を捕らえた。

そんな彼が、演技力で注目を集めたのは、SBSの「根の深い木」のイ・ド役を演じた時だった。この前作である「トキメキ☆成均館スキャンダル」もソン・ジュンギを再発見させてくれた作品ではあるが、他の人物より軽いイメージのキャラクターなので演技の実力をアピールするチャンスが少なかったのは事実だ。しかし「根の深い木」は違っていた。
第4話までハン・ソッキュの子役時代を演じたソン・ジュンギは、強くてカリスマにあふれるイ・ドをとても立派に演じて視聴者の絶賛を導き出した。美しすぎるビジュアルを飛び越える重厚な内面の演技は、ソン・ジュンギを俳優として再評価させるチャンスを提供し、これによって「根の深い木」が興行することができる基盤を作った。

キム・スヒョン、「太陽を抱く月」のイ・フォンに一身同体になった大韓民国の女心!
実は、キム・スヒョンはMBCの「太陽を抱く月」以前に、KBSの「ドリームハイ」で演技力とスター性を認められた俳優だ。そのため「太陽を抱く月」だけを取り上げるには残念な感じがなくもない。しかし、「太陽を抱く月」の放映前から、キム・スヒョンが同名の原作で多くのファンを確保しているこのドラマを成功させるだろうという確信が大きかったのも事実だ。特に、王としてのカリスマはもちろん、ひとりの女を一生恋慕って、また守って行く強い男を演じなければならないので簡単ではなかった。

しかし、キム・スヒョンはこの「太陽を抱く月」で、過去の様々な作品を通して積んで来た演技のセンスを一気に爆発させると同時に、驚くべきスター性を発揮して悠悠と浮上した。大韓民国の女心が、「太陽を抱く月」のイ・フォンに搖れ、彼の言動は全て大きな話題を集めた。シンドローム級の人気を享受した「太陽を抱く月」は、最後の放送で約42.2%(ニルスン、全国基準)という高い視聴率を記録してドラマ界に一線を引いた。放送されてから4年が経った今でも、キム・スヒョンでなかったら不可能な記録だったと思われている。

2016.03.29

blank