BTOB、物悲しい春の香りが立ち込める!「春の日の記憶」

사본 -201603272212771184_56f7df7e168120

人気アイドルグループBTOBが、春に香りをいっぱいに含んで帰って来た。これ以上うれしいことはないだろう。存在自体が春のイメージが漂う彼らだ。毎年春が来るたびに聞かなければならない歌がひとつ追加された。
28日午前0時、BTOBの8thミニアルバム「Remember that」がベールを脱いだ。タイトル曲「春の日の記憶」は、愛した恋人と美しかった思い出を何度も思い出しながらおぼろげに浮び上がる感情を表現したバラード曲だ。

去年バラード曲「大丈夫」と「家に帰る道」で、「ヒーリングドル」というタイトルを得たBTOBは、今回の「春の日の記憶」でも別れの寂しい感性を優しく撫でてくれる。誰でも心にひとつぐらいは抱いている別れの記憶が自然に浮び上がる。
「春の日の夜、空気を吸って/ 春の風に心をなぐさめて見る/ いつものように歩いた距離には/ 痛い季節の香りだけが残る/ 彼女が/ しきりに、しきりに思い出されて/ 涙が流れる/ 涙だけが流れる/ Remember that」

悲しい歌詞だが、温かいメロディーとひとつになって聞き手の耳を魅了する。甘美なボーカルとこしの強いラップがやわらかくとけあっている。「ヒーリングドル」BTOBだから可能なバラードだ。
ミュージックビデオでは、花びらが飛びちる中でメンバーが登場する。主人公はミンヒョクと女優チョ・ボアだ。ミンヒョクは恋人だったチョ・ボアと幸せだった時間を回想しながら懐かしさに浸る人々の感性を刺激する。

BTOBは、新曲の音源の発表に先立って26~27日の2日間、アンコールコンサートを開催した。この公演で現場のファンのために特別に「春の日の記憶」を公開したが反応は熱かった。「ヒーリングドル」のカムバックにファンは両手を挙げて歓迎した。
華やかな季節を迎えてBTOBが帰って来た。どこからか香ばしい香りがしないですか?花の香りを含んでBTOBが春のメッセンジャーとして帰って来た。

2016.03.28

blank