チャン・グンソク、『映画のようなシナリオ、逃したくなかった』

7ドラマ「テバク」に出演する俳優兼歌手のチャン・グンソクが、映画のようなシナリオを逃したくなかったと伝えた。

チャン・グンソクは本日(24日)開かれたSBS新月火ドラマ「テバク」の制作発表会で、出演することを決めた決定的な理由を尋ねる質問に「初めてシナリオをもらった時、シナリオが立体的で一本の映画を見ているような感じがした。シナリオがずっと目の前をちらついた」と答えた。

続いて彼は「目を閉じていても、私がテギルならどんな表情をしただろうかという好奇心が湧き、(テギルという役を)逃したくない、絶対やりたいという思いになった」と付け加えた。

2016.03.24

blank