俳優ユ・アイン、“ソン・ジュンギの人気、気分がいいが羨ましい”

article (1)

俳優ユ・アインが、仲間であるソン・ジュンギの現在のシンドロームに関して口を開いた。
ユ・アインは、23日午後4時からソウル竜山区(ヨンサング)にある「リプレイス」で開催されたSBSの月火ドラマ「六竜が飛ぶ」の終映記念記者懇談会で、KBS2ドラマ「太陽の末裔」のソン・ジュンギに関する質問を受けて、「僕が好きな兄さんと姉さんふたりが出る作品なので、うまく行って本当に気分がいいですが、羨ましかったりします」と答えた。

ユ・アインは、「僕らは17%に作ることも大変なのに、一度に30%に作るなんて羨ましかったりします。ともに友情を分かち合った仲間の成功と成長を見守るのは気分がいいです。教科書的な言葉なようですが、本当に気分がいいです」と付け加えた。
ユ・アインは、「六竜が飛ぶ」で君主イ・バンウォン役で50部作をリードした。イ・バンウォンの権力に対する欲望やさびしい内面までをすぐれた演技力で描き出して好評を博した。

2016.03.23

blank