「コラム」(連載)第1回/チャン・グンソク/『テバク』に至る長い道

b899930a234d89f4c05ca7d9ba4769e8[1]

第1回 飛躍の『ファン・ジニ』

 

子役時代もプロ意識が高かった

RO89658572_w1000_h0

公開された『テバク』のポスター

『テバク』に主演するチャン・グンソク。放送は韓国SBSで3月28日から始まるが、公開されたポスター写真の彼を見て、グッと引き込まれた。表情に「覚悟」が込められている。よほど意欲的なのだろう。

撮影中の『テバク』は前評判がいいが、チャン・グンソクの表情を見るかぎり、大いに期待が持てる作品になりそうだ。

それにしても、チャン・グンソクは芸歴が長い俳優だ。「子役は大成しない」というジンクスがあるが、彼の場合は当てはまらなかった。本当に幸いだった。

そんなチャン・グンソクの『テバク』までの歩みを、今回の連載ではたっぷりと振り返ってみよう。

彼は、5歳のときにスカウトされて子供服のモデルとしてデビューした。10歳になって、ドラマ『幸福を売ります』で俳優として活動を始めた。

早い段階でデビューした彼は、おませな部分もあり、小学生の頃には、好きな女の子ができたら「オレの彼女にしてやるよ」とラブレターを送ったりもした。また、「ルックスだけではなくオレの演技を見てほしい」と言うほどプライドも高かった。

その後も名子役として多くのドラマに出演し、中学時代にはモデルとしても活躍。それだけにチャン・グンソクにかかる期待はとても大きかった。

彼自身もそれを自覚していたが、徐々にデビューする同世代を見てそれが傲慢だったことに気づく。チャン・グンソクは、そこに気づいたからこそ「子役は大成しない」というジンクスを見事に打ち破ったのだ。

「ときには、子役出身の俳優がどうやって難しい青年期を乗り越えられたのかと聞かれます。困難だからこそ、仕事をして責任感が強くなったのだと思います。グレやすいと言われる思春期も知らずに通り過ぎましたし、酒もたばこも知りませんでした。両親とケンカをして家を飛び出しても撮影が心配になり、すぐに帰っていました」子役時代から芸能界にいたことは、彼に高いプロ意識を植えつけた。

 

迷いの中で『ファン・ジニ』を選んだ

2060921x0858304

『ファン・ジニ』に出演したチャン・グンソク(左)

 チャン・グンソクが子役から大人の俳優に転身したと誰もが感じたのが2006年だった。19歳のときに『ファン・ジニ』に出演したのだ。

彼は名家出身のウノを演じた。ハ・ジウォンが扮したファン・ジニと身分違いの恋に落ちる役だ。

実は、『ファン・ジニ』に出演することはチャン・グンソクにとって、大きな賭けだった。彼はこのとき、自分の行く道を必死に模索していたのだ。

歌唱力にも恵まれていた彼は『ファン・ジニ』に出演するまで、俳優をやめてバンドとしてデビューすることも考えていた。こういった悩みも多くの才能を持つ彼だからこそ、といえるだろう。

そういう迷いの時期だっただけに、チャン・グンソクにとって『ファン・ジニ』が持つ意味は大きかった。年齢的にも子役で終わってしまうのか、あるいは、俳優として生き残れるのか。それが問われる作品だった。

「子役時代のイメージから抜け出すために、無理やり大人の雰囲気を出すことはしませんでした。むしろ自然に表現するためにがんばりました」ウノの出演は第8話までだが、視聴者には「俳優チャン・グンソク」の名前を残すのに十分だった。この作品を契機に、チャン・グンソクは急な上り坂をのぼり始めた。

(次回に続く)

文=ロコレ編集部

 

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2016.03.18

blank