「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」2016年6月、7月に東・名・阪にて開催決定!

B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!

2016 年 6 月、7 月に東・名・阪にて開催決定!FC1 次先行 3 月 18 日(金)スタート!!

世界中を席巻する“B.A.P”、今夏日本上陸!!“B.A.P”5 大陸ワールドツアー「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD
TOUR」 日本公演の日程が決定!

本ツアーはソウル・オリンピック公園 SK ハンドボール競技場で幕を開け、アメリカ、メキシコ、ポーランド、ロシア、 ニュージーランドなどを含む 5 大陸 15カ国を回るツアー。
日本公演は、2016 年 3 月 30 日(水)発売の B.A.P JAPAN 1ST ALBUM『Best. Absolute. Perfect』引っさげて、6 月 18 日(土)・19 日(日)名古屋センチュリーホールを皮切りに、6 月 21 日(火)、22 日(水)、23 日(木)大阪・フェスティバルホール、7 月 12 日(火)・13 日(水)東京国際フォーラムにて行う。

 

「動画」B.A.P「KINGDOM」Full Ver. (JAPAN 1ST ALBUM 「Best. Absolute. Perfect」収録)

 

B.A.P の新たな歴史の幕開けです!!!さらに進化した迫力あるステージをお見逃しなく!!

詳しくは、B.A.P 日本公式ファンクラブ“BABY JAPAN”(http://bap-official.jp/)でご確認ください。

 

image003

【「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」概要】

日時・開催場所

6 月 18 日(土) 名古屋センチュリーホール
開場 17:00 開演 18:00
6 月 19 日(日) 名古屋センチュリーホール
開場 15:00 開演 16:00
6 月 21 日(火) 大阪・フェスティバルホール
開場 18:00 開演 19:00
6 月 22 日(水) 大阪・フェスティバルホール
開場 18:00 開演 19:00
6 月 23 日(木) 大阪・フェスティバルホール
開場 18:00 開演 19:00
7 月 12 日(火) 東京国際フォーラム ホール A
開場 18:00 開演 19:00
7 月 13 日(水) 東京国際フォーラム ホール A
開場 18:00 開演 19:00 料金 9,800 円(税込・全指定席)※4 歳以上はチケット必要。3 歳以下は入場不可

主催 株式会社スリー・ファイブ・プラス
制作 TS ENTERTAINMENT/J-ROCK ASIA/アーガスプロダクション株式会社
協力 CJ E&M/KING RECORDS

チケット販売 <FC1 次先行>
2016 年 3 月 18 日(金)11:00~2016 年 3 月 22 日(火)23:59 まで
※FC1 次先行予約対象会員様に関しては、B.A.P 日本公式ファンクラブ“BABY

JAPAN”(http://bap-official.jp/)にてご確認ください。
URL B.A.P 日本公式ファンクラブ“BABY JAPAN”(http://bap-official.jp/

*チケット販売スケジュール、イベントに関するお問い合わせ、開場・開演時間など詳細情報については、B.A.P日本公式 WEB SITE にてご確認ください。
*イベント内容は、予告なく変更になる可能性があります。

0

<B.A.P プロフィール>
「Best(最高の)Absolute(絶対的な)Perfect(完璧な)価値を追求する」という意味を持ち、
HIP-HOP をベースにした力強いサウンドと完成度の高いパフォーマンスを誇る 6 人組アーティスト。2012 年に『WARRIOR』で韓国デビューするやいなや、世界各国で数々の賞を総なめし破竹の勢いでスター街道を駆け上がる。ファーストワールドツアー「B.A.P LIVE ON EARTHPACIFIC」ではアメリカ公演のチケット 1 万枚が完売し、日本でもパシフィコ横浜国立大ホールの初来日公演チケット 1万枚が即日完売。まさにギャラクシー級の実力を見せつけた。

その後も日本では代々木第一体育館 2 デイズ、幕張メッセ 2 デイズをはじめとるすワンマン公演で成功を収めてきた。他の K-POP 勢とは明らかに一線を画す、骨太で重厚な HIP-HOP サウンド、常人では到底真似出来ない超高速ラップ(通称:LTE RAP)、そして聴く者を圧倒する7オクターブの力強いヴォーカルに、切れ味鋭い力強いダンス。
それらが交じり合う究極のライブパフォーマンスは高い中毒性をほこり、地球を席巻し続けている。

2016.03.15

blank