俳優ソン・ジュンギ、軍除隊後いっそうグレードアップした魅力!

201603041520776851_56d938e082f93

俳優ソン・ジュンギが、一番順調に復帰した軍除隊スターになりそうだ。
KBS 2TV「太陽の末裔」のソン・ジュンギは、軍除隊スターの驚くほどに理想的なケースを見せている。「軍隊の香り」がまだ抜けきれない(?)、除隊後約一ヶ月で撮影に臨んだおかげなのか、キャラクターのユ・シジン役そのものだという評価で、男らしさを加えたイケメンスターの姿に女心が揺らいでいる雰囲気だ。実際、「ソン・ジュンギが男になった」という女性視聴者の反応が多い。

単純にキャラクターのかっこよさ以上に、ドラマと脚本家に対する信頼も加わっている様子だ。
キム・ウンスクの持つ独特な台詞が、まだ腕白な少年らしさも見られるソン・ジュンギと出会って驚くべきシナジーを発揮している。このためドラマは放送第3話で、その難しいと言われる視聴率20%を突破するのに成功した。
「ソン・ジュンギの軍除隊後初の復帰作」というタイトルがまともにヒットしたわけだ。もちろんキム・ウンスク作家と相手俳優ソン・ヘギョなど、さまざまな要素が複合した結果ではある。

注目を集めているのは、これによって意図しない被害を被った男性スター(?)たちが生じたという。最近の流行語で言わば「疑問の1敗」だ。誰がもっと優れているとかそうでないとかを評価しようというのではなく、あまり見られない成功的な事例に対する一種の好奇心だ。

201603041520776851_56d938e10d656

軍除隊して早い速度で復帰したソン・ジュンギが、年を取るどころかむしろグレードアップした姿を見せて、作品の成功を牽引しながら起った結果だ。

いちいち並べたてなくともソン・ジュンギの前に多くの男性スターが軍隊に行って来た。全体的に見て、軍除隊後の復帰作がうまく行ったケースは少なかった。感覚が鈍ったと言うよりは、願った作品にぴったり合うものに出会えなかったはずだ。したいことは多いのに心はあせるばかりだ。除隊したスターがよく吐露する悩みだ。
作品が失敗する場合は、それが俳優の過ちとは言えないが、除隊前の大きな期待に応えることができないという点では本人も悩み苦しむ部分だ。

そして、仕方なくも変わってしまったビジュアルのせいで、「彼の時代は終わったようだ」という残酷な声を聞かざるを得なかったスターもいた。軍隊に行って来た後、イケメンとして存在感を守りとおすことは簡単ではない。
そういう点で、ソン・ジュンギの軍除隊後のカムバックは確かに違っていた。除隊後初の作品に、人生を変えてくれるキャラクターに出会うのは珍しい事だ。確かに、これから除隊するスターたちにもいい刺激になりそうだ。

2016.03.05

blank