「インタビュー」D.O(EXO)、「先輩のいない初の主演作はプレッシャーです」

 

201602227-dks-1

デビュー5年目、グローバルな人気を誇るボーイズグループ「EXO」のメンバーだが、“俳優ト・ギョンス”(D.O(EXO))は、ちょうど演技の味がわかりはじめたニューフェースだ。俳優チョ・インソン、イ・グァンスなど心強い先輩たちの影から飛び出し、初の主演作となる映画「純情」が公開されることになった。

映画「純情」は、ラジオ番組の生放送中に届いた23年前の過去から来た手紙を通じて、現在と過去を行き来する切ない初恋と友人5人の友情を描いた作品。

ここでD.Oは“純情な男”ボムシルを演じる。1991年、全羅南道(チョルラナムド)高興(コフン)郡の島が背景であるため方言を使い、顔も真っ黒に日焼けした。

D.Oは「田舎に行って撮影をしました」とし、「『EXO』として活動する時は海外にもたくさん行き、人が多い所でステージをしてきましたが、映画を撮る時は高興郡の端っこの島に行きました。そのおかげか、その島のその背景の人物が、自分自身になったような気がしました。本当に17歳の高校生5人でいた気分でした」と感想を述べた。

方言の演技が自然だったのは、叔母のおかげだったという。「一度方言レッスンを受けたんですが…実は僕の叔母が全羅南道の高興郡出身なんです。

小さい時に聞いた方言が役に立ったのではないかと思います」と説明した。

今回の映画でD.Oは、初めて挑戦することがたくさんあった。初めての方言演技、初めての主演作で、出演俳優の中で初めて一番年上にもなった。

同年代の俳優たちと一緒で良い点もあったが、プレッシャーもあったはず。特に“主演”であるため、映画のために広報活動もたくさんしなければならず、メディアを通じて自分自身を出す機会が多くなった。どういうわけか、アイドルなのに自分の悲劇的な初恋の話まで自らした彼の姿勢から、きっぱりとした意思が感じられた。

20160227-dks-2

D.Oは「初めは本当にプレッシャーでした。“主演”という大きなものを務めることになり、すごく緊張したんですが、“助演”だと思って撮影しました。

4人の友人と共に主演だと考えて撮ったというよりは、楽しみながら撮影しようと思いました」とし、「一番年上だというのは、また感じが違うような気がしました。

以前は先輩たちがうまく引っ張っていってくださり、それについていったんですが、今回は本当に誰かが引っ張ってくれたという感じよりは、友人と楽しく遊びながら撮影をした感じです」とプレッシャーを軽くする秘訣を明かした。

実際に「EXO」メンバーとしてではなく、俳優として記者に会ってインタビューを受けるのも初めてだからか、すごく緊張しているように見えた。

彼は「プレッシャーはないと思います。褒められるのは感謝して…」と言いながらも「いや、プレッシャーになりますね。本当にものすごいプレッシャーです」と訂正して笑って見せた。

続けて「こうして喜んでくださるので感謝していますが、そのくらい僕に対する大衆の期待も大きそうです。僕が演技をしながら、どのように見てくださるのかも大事ですが、いったん僕が楽しいと感じられるかが一番大事だと思っています」と素直な気持ちを語った。

では彼が、ステージの上とは違って演技の方が魅力的だと感じる基準は何なのだろうか。

20160227-dks-3

D.Oは「初めから演技をしてみたいと思っていました。演技で一番良い点は、僕がキャラクターの気持ちを演じているのに、見てくださった方も同じ感情になってくださるというところです。

そこに一番の喜びを感じています」と“共感”をポイントに挙げた。

ステージ上とスクリーンの中でのD.Oが違うように、「EXO」として活動する時と俳優として活動する時の気持ちも違うのだろうか。

しかしD.Oは「違いはしないと思います」とし、「『EXO』としても俳優としても僕自身がカッコイイ人になりたいと思っています。

“カッコイイ人”にはたくさんの意味があると思いますが、礼儀正しく、どんな方が見ても『あの人はカッコイイ人だね』と言われるような人になりたいです」と抱負を語った。

D.Oが描く“カッコイイ未来”は、今からがスタートだ。

WOW!korea提供

2016.02.27

blank