少女時代、EXO、EXID、CNBLUEら、「ゴールデンディスク」2次ラインナップ公開!

0사본 -201601131114770368_5695b42e81b151

今年で30周年を迎えた「ゴールデンディスク」の授賞式が、2次ラインナップを公開した。
20日から21日の2日間開催される「第30回ゴールデンディスク」には、過去1年(2014年11月~2015年11月集計)間、韓国内外で大きな人気を呼んだ歌手が総出動する。先立って公開された華麗な1次ラインナップに続き、2次ラインナップも特別なクラスを誇る。12日に公開されたラインナップには、EXO、SUPER JUNIORイトゥクとキュヒョン、少女時代テヨンとソヒョン、CNBLUE、EXID、Red Velvet、AOAが含まれた。

EXOが抜けるはずはない。彼らは、去年3月に2nd フルアルバムで歌謡界を荒らした。「Call me baby」は公開と同時に音源チャートで1位を総なめし、音楽放送プログラムでの1位のトロフィーも獲得した。「Call me baby」のミュージックビデオは4000万ビューを突破し、上半期YouTubeのヒット数で1位を記録した。アメリカビルボードは、EXOの「Call me baby」について「ボーイズグループの定番」と評価した。EXOは「EXODUS」と「LOVE ME RIGHT」の韓国と中国バージョンのアルバムで数十万枚の販売高をそれぞれあげ、誰も近付くことができない記録を打ち立てた。

キュヒョンは、SUPER JUNIORファンの心をなぐさめてくれる。メンバーのシンドン、ウニョク、ドンヘ、シウォン、ソンミンの軍入隊で完全体での活動が不可能なSUPER JUNIORは、メンバーのソロ活動で名声を引き継いだ。キュヒョンが、2014年11月に発表した初のソロアルバムは7万枚を超える販売高を成し遂げ、「光化門で」はキュヒョンを次世代の感性的なバラード歌手の隊列に乗せた。

イトゥクもキュヒョンとともに出演を決定した。イトゥクは、MCとしてステージに立つのはもちろん、SUPER JUNIORの代表としてもゴールデンディスクを輝かせる。イトゥクは、韓国での多数のバラエティプログラムのMCを担当して技量を照明した。彼は今度もセンスあるトークで大型の授賞式にふさわしい進行を展開することと期待されている。イトゥクがリーダーのSUPER JUNIORの去年の活躍もすごかった。7月に発表したスペシャルアルバム「DEVIL」は、16万枚以上の販売高をあげて強固なSUPER JUNIORのファンと人気を証明した。そして2ヶ月後の9月に発表したアルバム 「MAGIC」もやはり10万枚に迫る販売量を記録し、名実共に最高グループの位相を見せた。

SUPER JUNIORにキュヒョンがいたら少女時代ではテヨンがいる。「なぜ今になってソロアルバムを出したのか」と、ファンが怨むほどにテヨンの活躍はすごかった。10月に発表した初のソロアルバム「I」は、既存の少女時代とは180度違うテヨンだけのカラーをアピールして好評を博した。「I」は、11万枚を突破する販売量を記録し、音楽放送プログラムでの1位のトロフィーも総なめした。 韓国はもちろん中国、タイのVチャートミュージックビデオの韓国語部門で1位にランクされてロングランをした。

テヨンとともにソヒョンもゴールデンディスクのステージに上がる。ソヒョンは第1日目のMCでとして活躍する。テヨンとソヒョンが属した少女時代も去年大きな活躍をした。先行シングル「PARTY」、ダブルタイトル曲の「Lion Heart」、「You think」はそれぞれ違った魅力でファンの心を魅了した。「Lion Heart」は、60年代のアメリカのレトロ風な情緒を回想することができ、「You Think」は、強烈なポップダンスで180度違う魅力をアピールした。「PARTY」から3度にかけた少女時代の攻勢は、音源とアルバム市場でホームランを飛ばした。少女時代は「PARTY」と「Lion Heart」の発表と同時に音源チャートのトップにランクさせ、音楽プログラムでも1位のトロフィーを獲得した。

去年、人気バンドとしてカムバックし、活発な活動をしたCNBLUEもラインナップに含まれた。9月に1年7ヶ月ぶりに発表した2nd フルアルバム「2gether」は、中毒性のあるメロディーと軽快なバンドサウンドで大きな愛を受けた。タイトル曲「シンデレラ」は、音楽プログラムで1位にランクされて、久し振りに発表したフルアルバムの空白を補った。
EXIDは、「Up&Down」が去年一様な人気を維持してゴールデンディスクの音源候補に上がり、EXIDもゴールデンディスクのステージに上がるようになった。「Up&Down」は、2014年8月に発表されたにも関わらず、去年のデジタル総合チャートでBIGBANGなどに続き一番多くの大衆の選択を受けた。

SMの次世代の主役Red Velvetもステージを輝かせる。Red Velvetは、去年3月に「Ice Cream Cake」ではじけるような魅力を公開して特別な個性をアピールした。カラフルな衣装でキュートな魅力を見せたRed Velvetは、中毒性のあるメロディーの「Ice Cream Cake」で韓国内外で大きな認知度を積んだ。この曲は、3月にアメリカと全世界で一番多く見たK-POPミュージックビデオに選定された。そして、9月に発表した曲「Dumb Dumb」もRed Velvetの立地をいっそう固めた。音源チャートでの1位と、アメリカの有名メディア「Rolling Stone(ローリングストーン)」誌が発表した2015年最高のミュージックビデオトップ10に選定された。

2次ラインナップの最後はAOAだ。セクシーで健康美にあふれる音源で歌謡界を「Heart Attack」した。去年6月に発表した「Heart Attack」は、ガールズグループ大典で頭角を現わした。4万枚に迫る販売高を記録したAOAは、曲のタイトルのようなシンドロームを成して多方面で脚光を浴びた。
先立ってゴールデンディスクの授賞式の1次ラインナップには、BIGBANG、SHINee、BEAST、防弾少年団 、f(x)、Apink、VIXXが発表されてファンの爆発的な関心を受けた。

30周年を迎えたゴールデンディスクは、歴代で最も華麗で大きな規模の行事を準備している。2日にかけたK-popの祭典「第30回ゴールデンディスク授賞式」は、1月20~21日に開催される。QTVを通して韓国で生放送されて、中国では最大動画サイトiQIYIで生中継される。

2016.01.13

blank