WINNERの「PRICKED」に熱い反応、韓国など6ヶ国で1位!

201601110912771222_5692f4c01a2ae

人気アイドルグループWINNERが、1年5ヶ月ぶりにカムバックして先行公開したソン・ミンホとナム・テヒョンのデュエット曲である「PRICKED」が、韓国内外で熱い人気を独占中だ。
WINNER 2016 プロジェクト「EXIT MOVEMENT」の開始を知らせる先行公開曲で、11日0時に公開された「PRICKED」は、この日の午前8時基準でMnet、Bugs、Olleh、NAVERミュージック、SORIBADA(ソリバダ)など、韓国内の5つの音源のリアルタイムチャートで1位を占めた。

これといっしょに、iTunes(アイチューンズ)のシングルチャートでもマカオ、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム、ブルネイ共和国など、6ヶ国で1位にランクされて韓国だけでなく海外でもWINNERのカムバックに対する関心と人気を証明した。
「PRICKED」は、甘くて敍情的なギターリーフを主軸に、ソン・ミンホとナム・テヒョンの個性と感性があふれる切なさが深く盛り込まれたミディアムテンポバラード曲だ。特に、詩のような悲しい歌詞で恋人が経験する別離の切なさを表現して、別れの後の懐かしさと寂しさに対する複雑な感情を「愛のとげ」という言葉でうまく表現して耳を捕らている。ソン・ミンホとカン・ウクチン作曲、ソン・ミンホ作詞、カン・ウクチン編曲で、ソン・ミンホが作詞、作曲を含むプロデューシングに参加した。

WINNERは、音源の公開を1時間前にした10日の午後11時にNAVER Vアプリでの生中継「ENTRY NIGHT」を進行し、近況と今度のカムバック、今後の活動計画を直接伝えた。WINNERは、2月1日に公開するミニアルバム「EXIT:E」のタイトル曲が、「Baby Baby」、「Sentimental」の2曲を公開し、続いて空白期間に最善をつくして作曲、作詞した50余曲中から20曲あまりを今年中に公開するだろうと言ってファンの期待を高めた。

2016.01.11

blank