CNBLUEジョンシン、“厳格な師匠が憎らしいほどつらかった”「拳を握って少林寺」

사본 -201601091814776402_5690d32b8cdae0

人気バンドCNBLUEイ・ジョンシンが、「拳を握って少林寺」で厳格な師匠に腹を立てた。
29日の午後から放送されたSBS「拳を握って少林寺」(以下「少林寺」)では、螳螂拳(とうろうけん)を学ぶジョンシンの様子が描かれた。
この日ジョンシンは、師匠のスパルタ訓練にすっかりまいって苦しがる様子を見せた。そして彼は「師匠は本当にスパルタ式です。とてもびっくりしました。間違うと『もう一度』と言うのが、憎らしかったです」と明らかにした。

しかし師匠は、「確実に発展するでしょう。熱心にしているのが目に見えます。下半身をもっと鍛えたらもっと上達できるでしょう」と、以外にも称賛をした。
「拳を握って少林寺」は、武道に関心があるスターが中国の少林寺で真の少林の弟子になる過程を描いた。

2016.01.09

blank