年末授賞式の平均視聴率1位はMBC、2015年有終の美を飾る

20160103-MBC

MBCが2015年最高の一年を送り、視聴率争いにおいても、年末授賞式で笑った。

MBC年末授賞式は、放送3局の中で、最も公正かつスムーズな進行を展開したという評価を受け、2015年を温かく締めくくった。

2015年のMBC授賞式は、どの授賞式よりも激しい争いを予告した。 「MBC芸能大賞」は、デビュー22年目でキム・グラが大賞を受賞。

「MBC演技大賞」はキム・ジョンウン、キム・ヒソン、チョン・イナ、チソン、チャ・スンウォン、ファン・ジョンウムというそうそうたる候補の中から、「キルミー、ヒールミー」のチソンが、視聴者が選ぶ大賞受賞の栄誉を手にした。

また、一山、上岩、臨津閣の3元中継で行われた「2015 MBC歌謡大祭典」は「歌謡大百科」というコンセプトに合わせ、さまざまなチャプターを公開し、幻想的な音楽の大饗宴を繰り広げた。

2015年、数々の話題作を生み出したMBCは、年末授賞式の番組が、地上波3局の中で最も高い平均視聴率10.7%(以下、視聴率調査機関TNMS、首都圏)を記録したことが分かった。

TNMSによると、MBCは12月29日に放送された「放送芸能大賞」の1部が11.8%、2部が13.7%を記録し、同時間帯の視聴率1位を記録すると同時に、地上波3局の年末授賞式で最も高い13.7%を記録した。

さらに30日に放送された「演技大賞」の1部は9.8%、2部は13.5%を記録し、同時間帯視聴率1位を記録。2部では、大賞を発表する場面が、瞬間最高視聴率17.4%を記録し、多くの視聴者の関心を集めた。

年末の歌謡祭の中で、最も安定して進行されたという評価を受けた31日放送の「歌謡大祭典」の1部は7.8%、2部は7.8%を記録し、2015年MBC年末授賞式の華やかな幕を下ろした。

MBCは「2016年の新年もさらにさまざまなコンテンツや、新しい番組を視聴者にお届けしていく。これからもMBCの番組に多くの愛情と関心をお願いしたい」と伝えた。

2016.01.03

blank